FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

「プロ野球1980年代の名選手」のカテゴリを含む記事

広島・功労者の津田が広島の胴上げ投手に(1986年10月12日、ヤクルト×広島)/プロ野球1980年代の名勝負

プロ野球のテレビ中継が黄金期を迎えた1980年代。ブラウン管に映し出されていたのは、もちろんプロ野球の試合だった。お茶の間で、あるいは球場で、手に汗にぎって見守った名勝負の数々を再現する。「僕が(1986年)前半良くなかった中で、津田(恒実)が踏ん張ってくれた。僕以外の先発も良くなかったんですよ。だから津田のおかげでチームが負け越しをしないでいて、優勝もできた。 その直前、新聞記者に『最後の試合、投げたい...

広島・“悲運の名将”最後の晴れ舞台(1980年11月2日、広島×近鉄)/プロ野球1980年代の名勝負

プロ野球のテレビ中継が黄金期を迎えた1980年代。ブラウン管に映し出されていたのは、もちろんプロ野球の試合だった。お茶の間で、あるいは球場で、手に汗にぎって見守った名勝負の数々を再現する。 2年連続で同じ顔合わせとなった1980年の日本シリーズ。前年の日本一で黄金時代に突入した広島と、その前年の日本シリーズで惜しくも日本一を逃し、雪辱を期す近鉄との激突だった。 この日本シリーズは、前年の対決と比べて、振り...

広島・70年代の面影を残す“赤き対決”は広島が雪辱(1984年10月22日、広島×阪急)/プロ野球1980年代の名勝負

プロ野球のテレビ中継が黄金期を迎えた1980年代。ブラウン管に映し出されていたのは、もちろんプロ野球の試合だった。お茶の間で、あるいは球場で、手に汗にぎって見守った名勝負の数々を再現する。 1980年代の日本シリーズで印象に残るものとして、巨人と西武の“盟主決戦”を思い浮かべる向きは少なくないだろう。60年代から70年代にかけてV9という比類なき黄金時代を謳歌した巨人は、80年代に入ってブラウン管でも躍動した。 一...

広島・山本浩二【後編】唯一無二の“第8戦”を最後に置いたバット/プロ野球1980年代の名選手

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜けに明るい時代でもあった。そんな華やかな10年間に活躍した名選手たちを振り返っていく。 一時的に失速し、衰えたかに見えたものの、迎えた1983年、ふたたびバットが火を吹く。4月の阪神戦(甲子園)ではプロ15年目にして...

広島・山本浩二【前編】中距離打者から長距離打者への変貌/プロ野球1980年代の名選手

1980年代。巨人戦テレビ中継が歴代最高を叩き出し、ライバルの阪神はフィーバーに沸き、一方のパ・リーグも西武を中心に新たな時代へと突入しつつあった。時代も昭和から平成へ。激動の時代でもあったが、底抜けに明るい時代でもあった。そんな華やかな10年間に活躍した名選手たちを振り返っていく。 1980年は、昭和の広島黄金時代における最盛期だろう。75年に初のリーグ優勝。2リーグ分立の50年から、戦力不足や資金難に苦しみ、...

Top