FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

「2019年12月」日時の記事

広島・広島残留表明の菊池涼「本当に悩みました」…【会見一問一答】

 ポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた広島・菊池涼介内野手が27日、マツダスタジアムで会見を開き、残留を表明した。来年1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)に設定されていた交渉期限を前に決着となった。【会見の主な一問一答】 「ポスティングを認めてもらって申請をしてもらい約3週間。残りわずかな期間となりましたが、本日カープ球団と残留の交渉をいたしまして、残留することを決めました...

広島・長野選手(広島)、山田選手(西武)ら15人の指導、球児真剣 佐賀県出身選手野球教室

 プロ野球界で活躍する佐賀県出身の選手たちによる野球教室が22日、小城市の牛津体育センターで開かれた。雨のためグラウンドから会場を移し、キャッチボールなどの基礎的な練習になったが、県内の小中学生約350人が一流選手と間近に接して一球、一振りに集中する心構えを学び、プロ選手になるという夢を膨らませた。 パ・リーグを2年連続で制した西武ライオンズの山田遥楓内野手=佐賀工業高出身=や、広島カープの長野久義外野手...

広島・広島の鈴木は2億8000万円 東京五輪出場にも意欲―プロ野球・契約更改

広島の鈴木は2億8000万円 東京五輪出場にも意欲―プロ野球・契約更改契約更改後、取材に応じる広島の鈴木誠也外野手=18日、広島市のマツダスタジアム 初タイトルとなる首位打者、最高出塁率の2冠に輝いた広島の鈴木誠也外野手(25)が18日、広島市のマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、1億2000万円増の2億8000万円でサインした。 今季は主に4番として打率3割3分5厘、28本塁打、87打点、25盗塁、出塁率4割5分3厘をマーク。...

広島・広島にパ担当スコアラー 今季限り現役引退庄司氏就任 大苦戦今季の二の舞御免!

 広島が苦手の交流戦を克服するため、新たにパ・リーグ担当スコアラーを設けることが16日、分かった。今季限りで現役引退した庄司隼人氏(28)が同職に就く。今季の交流戦は5勝12敗1分けと大苦戦。4年ぶりBクラス転落の要因となっただけに、来季は新ポスト設置で、鬼門の交流戦を突破する。 来季のV奪回へカープがスコアラー改革に乗り出した。苦手の交流戦を乗り越えるために、パ・リーグ担当スコアラー常設が決定。...

広島・長野 FA人的補償制度改革を直訴

 愛の提言だ! 広島・長野久義外野手(35)が12日にマツダスタジアム内の球団事務所で来季の契約を更改。5000万円減の1億7000万円プラス出来高払いでサインした。会見では不本意な成績をわびて来季の巻き返しを誓ったが、激動の移籍1年目を振り返る節目の日に「伝えたいことがある」と本紙を通じて球界にメッセージを発信。当事者の一人として、FA人的補償の制度改革を叫んだ。 衝撃の移籍で幕を開けたプロ10...

広島・一岡、初の減俸で「納得」サイン 来季は「1年1軍でフルに投げられるよう」

 広島の一岡竜司投手が11日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、400万減の7300万円(金額推定)にサインした。 減俸での更改は初めてとなるが、ダウン幅は想像より狭かった。「ここ2、3年を考慮していただいた。納得してサインしました」。17、18年はいずれも59試合に登板。勝利の方程式として存在感を示し続けていたことが評価された。 今季は33試合で0勝0敗、防御率2・90。夏場以降はコンディシ...

広島・今村700万円減更改 大野豊の登板記録に照準

広島今村猛投手(28)が5日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約交渉を行い、700万円ダウンの8000万円(金額は推定)で更改した。今季は開幕を2軍で迎え、1軍初昇格は7月3日と大きく出遅れた。勤続疲労の影響もみられ、2年連続で登板数を減らした。今季は27試合で3勝1敗1セーブ4ホールド、防御率3・55だった。「20%くらい下げられるかなと思っていた。来年1年だけでなく、通算の試合数の話をさせてもらった。うまくいけば来年...

筑陽学園・11年ぶり選手権「てっぺん目指し頑張る」

<全国高校サッカー選手権福岡大会:筑陽学園1-0東福岡>◇決勝◇4日◇レベスタ筑陽学園が7連覇を狙った東福岡を下し、11年ぶり3度目の優勝を飾った。3年連続で決勝は同カード。優勝の瞬間、「東福岡を倒すために入学した」という主将のGK野中友椰(3年)は、ガッツポーズでピッチにしゃがみ込んだ。一部の選手はスタンドへ走り、ピッチサイドに降りた応援団と抱きあって喜んだ。3度目の挑戦で「打倒東福岡」を成し遂げ、喜びはひと...

広島・広輔「1番遊撃」取り戻す 初減俸…カープV奪回へ新選手会長の誓い

広輔「1番遊撃」取り戻す 初減俸…カープV奪回へ新選手会長の誓い 契約更改を終え、会見する田中広(撮影・飯室逸平) 広島の田中広輔内野手(30)が3日、広島市のマツダスタジアム内で契約更改交渉に臨み、3000万減の1億5000万円にサインした。減俸は入団以来初めて。今季は6月に連続フルイニング出場がストップ。打率も・193ともがき、8月には右膝の手術を受けた。選手会長にも就任して巻き返しを狙う来季...

広島・「中村奨成捕手」、プロ入り2年目も一軍出場ナシ、三塁コンバート案に本人は…

「怪物」の称号は、高校時代の遺産で終わってしまうのか……。広島の中村奨成は、プロ2年目を終えて、甲子園で魅せた“存在感”を発揮できずにいる。 2017年の夏の甲子園で、中村は「時の人」になった。清原和博(PL学園)の記録を破り、一大会最多となる6本塁打を記録。強肩強打の捕手として、広陵高を牽引して準優勝に導いた。同年のドラフト会議では、中日との競合の末、地元・広島への入団が決まった。プロ1年目は、体格や体力が...

広島・バティスタを保留者名簿に記載 ドーピング違反

プロ野球の各球団が来季も契約する権利を持つ保留者名簿と、名簿から外れた自由契約選手133人が2日、公示された。中日松坂、ロドリゲス、ヤクルトのバレンティン、阪神鳥谷、ジョンソン、ドリスらが自由契約に。また残留が確実なソフトバンクのデスパイネ、グラシアルもキューバ政府との交渉を残すために保留者名簿から外れた。今季、ドーピング違反で6カ月間の出場停止処分を科され、来季契約が未定の広島バティスタは保留者名簿...

Top