FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

「2021年06月」日時の記事

広島・新助っ人左腕バード3戦連続ホールド 「ストライク先行心がけた」

日刊スポーツ<巨人0-1広島>◇30日◇東京ドーム広島の新外国人のバード投手(28)が登板3試合連続ホールドを記録した。【写真】2番手広島バードを抱き合い迎える九里1-0の8回2死一、二塁で九里を救援。前日2安打2打点の丸をスライダーで右邪飛に打ち取った。「重要な場面だったので、自分で自分にプレッシャーをかけるのではなく、相手にプレッシャーをかけるつもりでストライク先行を心掛けた」。勝ちパターンを確立できていない...

広島・九里「まずは最初に奥さんに報告できれば」山口との投げ合い制しコロナ陽性後初勝利

デイリースポーツ 「巨人0-1広島」(30日、東京ドーム) 先発した広島の九里が7回2/3を投げ、6安打無失点と好投した。今季最多タイとなる124球の熱投でチームトップとなる6勝目を飾り「勝てて良かった」と安どした。【写真】山口の投ゴロを素早く二塁へ 併殺に仕留めガッツポーズ 緊迫の投手戦を制した。巨人の山口が八回1死まで無安打と快投。それに負けじと腕を振った。直球を軸に変化球を内、外に散らし、凡...

広島・九里 初バッテリーの女房役・磯村に感謝 コロナ療養中に支えてくれた夫人には「最初に報告したい」

スポニチアネックス ◇セ・リーグ 広島1-0巨人(2021年6月30日 東京D) 広島・九里亜蓮投手(29)が5月19日の巨人戦以来、42日ぶりの6勝目を挙げた。「山口さんがいい投球をしていたので、何とか先に点をやらないように。その気持ちだけを持って投げた。勝てて良かった」。8回1死まで無安打投球を続けた山口とは対照的に8回2死で救援を仰ぐまで3者凡退は2度だけ。我慢の粘投が報われた。 不運な内野安打が重なった初回無死一...

広島・7月1日の予告先発投手

引用元:NPB...

広島・九里「先に点をやらない」山口の無安打投球に動じず6勝 均衡破る伏兵の一発に佐々岡監督「まさか」

スポニチアネックス ◇セ・リーグ 広島1ー0巨人(2021年6月30日 東京D) 広島は先発の九里が巨人の先発・山口との投手戦に一歩も引かなかった。山口が7回まで無安打投球を見せる中、九里は「先に点をやらない、その気持ちだけを持って投げた」と、要所を締める投球で7回まで0を並べた。【写真】8回1死、右越えソロを放ちナインに迎えられる野間 息詰まる投手戦の均衡を破ったのは伏兵の一発だった。8回1死、野間が19年7月26日...

広島・広島が完封リレーで巨人ストップ! あわやノーノーも野間が値千金V弾

ベースボールキング● 巨人 0 - 1 広島 ○<13回戦・東京ドーム> 広島が息詰まる投手戦を制し巨人の連勝を「8」でストップ。8回途中までノーヒットに抑えられる苦しい展開だったが、野間峻祥が値千金の決勝ソロを放ち、3投手による完封リレーで最少得点差を逃げ切った。 打線は立ち上がりからゼロ行進だったが、先発の九里亜蓮が「先に点をやらない、その気持ちだけをもって投げていた」と力投。走者を背負ってからもゴロアウト...

広島・自力V消滅危機で会心の勝利 野間が値千金の今季1号 先発・九里も無失点投球で踏ん張った

スポニチアネックス ◇セ・リーグ 広島1-0巨人(2021年6月30日 東京D) 広島が、30日の巨人戦に1-0で完封勝ちを収めた。引き分けでも、自力優勝の可能性が消滅(対象チームは巨人)する瀬戸際だったが、何とか踏ん張った。 打線は、巨人に復帰した山口を攻略できなかった。初回は、菊池涼、西川、小園と3者連続三振という立ち上がり。2回以降も山口の投球術に手も足も出せず。2回に相手失策、5回に死球、6回に四球で走者を出...

広島・【カープ】九里、6勝目 八回途中まで無失点と好投

中国新聞【広島1―0巨人】(30日、東京ドーム) 広島東洋カープが野間峻祥の一発で巨人を下した。広島打線は山口の前に八回1死までノーヒット。ここで野間が内角直球を右翼席へ運び、「いい反応でとらえることができた。先に点を取ることができてよかった」とガッツポーズ。先発の九里亜蓮は八回途中まで無失点と好投し、6勝目(5敗)。九回は栗林良吏がぴしゃりと締め、巨人の連勝を8で止めた。【グラフ】2021年プロ野球12球団の...

広島・野間の今季1号ソロはノーノー阻止弾 球場どよめき「いい反応できた」

デイリースポーツ 「巨人-広島」(30日、東京ドーム) 広島が野間峻祥外野手の今季1号ソロで、先制に成功した。【写真】会心の一撃! 山口の夢を打ち砕いたひと振り 打線は巨人先発・山口の前に、八回1死まで無安打に封じられて沈黙が続いていた。だが、ここで野間が149キロ直球を振り抜き、右翼スタンドへ突き刺した。球場内にどよめきと歓声が交錯する中、ダイヤモンドを一周すると、チームメートからはベンチ前で盛...

広島・やったぜ!広島・野間 今季1号は山口のノーノー打ち砕く先制弾「九里さんが頑張って投げているので」

スポニチアネックス ◇セ・リーグ 広島―巨人(2021年6月30日 東京D) 広島の野間峻祥外野手(28)が、大仕事を果たした。 広島打線は、巨人先発の山口の前に7回まで無安打。8回も1死を奪われ、「あと5人」という状況で、野間が1ボール2ストライクからの4球目を右翼席へ運ぶ会心の一撃。「打ったのはストレート。良い反応で捉えることができました。九里さんが頑張って投げているので先に点を取ることができてよかったです」と...

広島・【カープ】磯村30日巨人戦でスタメンマスク 九里とのバッテリーは初めて

中国新聞 広島東洋カープの磯村嘉孝が、30日の巨人戦(東京ドーム)にスタメンマスクをかぶる。【スライドショー】カープ70周年 あの名場面 22試合ぶりで、今季4度目の先発出場。九里とバッテリーを組むのは初めてだ。打撃は22打数2安打で打率9分1厘と調子を欠くだけに、1カ月以上勝ちから遠ざかる右腕を好リードし、チームを勝利に導きたい。中国新聞社...

広島・負けか引き分けで自力V消滅 先発は巨人戦好成績の九里 巨人先発は山口

デイリースポーツ 「巨人-広島」(30日、東京ドーム) 広島は敗れるか引き分けで自力優勝の可能性が消滅する1戦。【写真】跡が残ってる? 29日に死球を受けた腕を見せる岡本和 先発はチームトップの6勝目を目指す九里。今季は10試合に先発し5勝5敗、防御率3・57。巨人戦に関しては2勝1敗、防御率1・88の好成績。5月19日には6安打2失点で完投勝利を挙げている。 また、磯村が「8番・捕手」でスタメン出...

広島・「意図が全く分からない」 継投ミスで逆転負け...広島・佐々岡監督「後手采配」にファン呆れ

J-CASTニュース プロ野球の広島は2021年6月29日、東京ドームで巨人と対戦し8-11で逆転負けを喫した。 初回に2点を先制した広島は先発・大瀬良大地(30)が3回6失点と炎上。2点ビハインドの5回に4点を入れて逆転に成功するもリリーフ陣が踏ん張れず8回に4点を失い痛恨の黒星となった。これでチームの借金は今季ワーストタイとなる「16」に膨らみ、リーグ最下位に沈んでいる。■左腕バードに対し巨人は代打の代打 先発・大瀬良は...

広島・広島育成・木下元秀「本当に良い経験」吉田正尚合同トレ 一時2軍首位打者

日刊スポーツ<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>近年、広島の育成出身選手の活躍が目立っている。昨季は大盛が73試合に出場するなど、ブレークを遂げた。今季は開幕直前に支配下選手登録を勝ち取ったコルニエルが、日本球界最速に並ぶ165キロを計測するなど、躍動している。現在チームに6人いる育成選手の中で、成長著しい姿をみせているのが2年目の木下元秀外野手(19)だ。【写真】2020年度新入団選手発表会見で...

広島・野村謙二郎氏 広島・森浦は投球の幅を広げることが必要 大瀬良は原点の直球を取り戻せ 

スポニチアネックス 【セ・リーグ 広島8-11巨人 ( 2021年6月29日 東京D )】 【野村謙二郎 視点】森浦は数字に表れているように左打者(被打率は右・176、左・379)に分が悪い。2死から四死球を出した後、丸にはフルカウントからのスライダーを巧打された。直球とスライダーの外角の出し入れだけでは、丸ほどの経験者に「強引にならないように…」と意識されたら、いいコースでも拾われる。 同じ背番号13を付けた岩瀬のよう...

広島・6月30日の予告先発投手

引用元:NPB...

広島・大瀬良またKO… 斎藤雅樹氏「全ての球種にキレがなかった」

ベースボールキング◆ 両先発が3回で降板の乱戦 連勝中の巨人が本拠地に広島を迎えた一戦は、3回終了時点で両軍の先発が降板する乱戦となったが、巨人が4番・岡本和真の2本塁打を含む3安打6打点の活躍で逆転勝ち。今季初の8連勝で貯金を「13」に増やした。 30日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた斎藤雅樹氏は「両チームの先発投手」を注目ポイントに挙げていたが、巨人のサンチェスが2回1/3(52球)...

広島・鈴木誠 球宴御礼弾!6年連続2桁10号 主砲先制2ランも痛恨逆転負け

デイリースポーツ 「巨人11-8広島」(29日、東京ドーム) ファンに贈る御礼弾じゃ-。広島の鈴木誠也外野手(26)が初回、2死一塁から左越えに先制の10号2ラン。前日28日にファン投票で5度目の球宴出場チケットを与えてくれた鯉党に感謝の一撃を届けた。ただ、主砲の6年連続2桁弾も実らず、痛恨の逆転負け。寝苦しい夜になった。 力強く振り抜いた打球が左翼席に突き刺さった。敵地を静まり返らせた一撃。鈴木...

広島・松山 代打で2点二塁打!ひと振り勝負で存在感「とにかく1点という気持ちでいきました」

スポニチアネックス ◇セ・リーグ 広島8-11巨人(2021年6月29日 東京D) 広島・松山が一度は逆転の二塁打を放った。 野間の左前適時打で1点差に迫った5回、なおも1死満塁で代打登場し、2ストライクから畠の内角直球を右中間へ運び、走者2人を還した。 「外野フライでも、どんな形でもいいので、とにかく1点という気持ちでいきました。最高の結果になりました」。 代打率・375(16打数6安打)。若手に先発を譲る日が増えてき...

広島・救援陣明暗…“暫定8回の男”森浦まさか4失点 フランスアは今季初登板で好投

スポニチアネックス ◇セ・リーグ 広島8-11巨人(2021年6月29日 東京D) 4回からの継投策が8回につかまった。広島は当面は固定しない方針の“8回の男”として起用した森浦が誤算で、2死無走者からの四死球で窮地を招き、丸に同点打、岡本和にはプロ初被弾となる決勝弾を浴びた。 右膝手術明けのフランスアは森浦を救援し、今季初登板で坂本を3球で左飛。佐々岡監督は「塹江の状態が上がらないから、日替わりということで。フラ...

広島・大瀬良「粘りたかった…」 6失点KOで自己ワーストタイ先発6戦未勝利 チームは自力V消滅の危機

スポニチアネックス ◇セ・リーグ 広島8-11巨人(2021年6月29日 東京D) 広島・大瀬良大地投手(30)に復調の兆しが見えない。29日の巨人戦は今季最短の3回6失点KO。先発6戦未勝利は、新人だった14年7~8月に並ぶ自己ワーストとなった。乱打戦で3度のリードを奪いながら、1点優勢の8回に6番手・森浦大輔投手(23)が手痛い逆転を許し、今季ワーストに並ぶ借金16へ逆戻り。30日に引き分けか、敗戦で、今季初めて自力優勝の可能...

広島・広島の大瀬良、またも乱調 プロ野球

時事通信 広島の大瀬良は4月9日以来となる白星を、またもつかめなかった。 「前回登板で試合の入りが良くなかったので意識して入った」と言うが、一回にいきなり岡本和に2ラン。三回には5単打を浴びて4失点し、「これまでと同じような結果。何とか粘りたかったが残念」と悔しさをにじませた。 コメント① もう良いって。下に行って調整し直してきて。下の投手も好調って訳じゃ無いし、大体5回前後しか投げていない投手が多いけど...

広島・鈴木誠也10号! 6年連続2ケタホームラン「先制点取ることできた」

日刊スポーツ<巨人11-8広島>◇29日◇東京ドーム広島鈴木誠也外野手(26)が6年連続2桁本塁打を記録した。【写真】2ランを放ちナインの祝福を受ける鈴木誠也1回2死一塁から巨人サンチェスのフォークを拾い上げて左翼席に運んだ。2試合ぶりの1発が、16年から続く節目の10号先制2ランとなった。試合中には広報を通じて「初回に先制点を取ることができた。援護になって良かった」とコメント。だが、その後は無安打に終わり、チームも...

広島・「新・代打の神様」松山竜平2点打 今季代打16の6「しっかり準備」

日刊スポーツ<巨人11-8広島>◇29日◇東京ドーム新・代打の神様襲名! 代打で出場した広島松山竜平外野手(35)が存在感を示した。1点を追う5回1死満塁のチャンスで登場。巨人畠から右中間を破る勝ち越しの2点打を記録した。今季代打率は3割7分5厘と勝負強さを発揮。逆転負けで勝利には届かなかったものの、チームで空白だった代打の切り札のポジションには、頼もしいベテランが待ちかまえる。松山が与えられた役割を最高の形で全...

広島 ・痛すぎる逆転負け…8回の森浦投入に佐々岡監督「ちょっと早めにいったというのはある」

東スポWeb勝てない。広島は29日の巨人戦(東京ドーム)に8―11と手痛い逆転負けを喫した。 先発のエース・大瀬良が今季最短の3回6失点と炎上した。2番手・高橋樹は無失点でつないだが、3番手の塹江が1回1失点。コルニエル、バードは無失点も、1点リードの8回に6番手・森浦が岡本和に決勝23号3ランを浴びて万事休す。 打線は9安打で8得点とつながりを見せたが、投手陣が崩れた。佐々岡監督は大瀬良に「投げれる...

広島・【広島】逆転負けで最下位脱出ならず 大瀬良が崩れ、ドラ2森浦も…

スポーツ報知  ◆JERAセ・リーグ 巨人11―8広島(29日・東京ドーム) 広島が逆転負けを喫し、最下位脱出に失敗した。4月9日以来の3勝目を目指した先発・大瀬良が今季最短の3回6失点KO。1点リードを追いつかれた8回には、ドラフト2位左腕・森浦が岡本和に勝ち越し3ランを浴びるなど、プロ初の4失点と沈んだ。打線は8点を奪い、鈴木誠は初回の10号2ランで6年連続2ケタ本塁打をクリア。投打の歯車がかみ...

広島・【カープ】かみ合わぬ投打の歯車、見せつけられた勢いの差 巨人に逆転負け

中国新聞【広島8―11巨人】(29日、東京ドーム) 広島東洋カープは終盤に粘れず逆転負けした。8―7の八回、森浦大輔が岡本和に3ランを浴びるなど4失点した。先発の大瀬良大地は3回6失点と誤算。打線は鈴木誠也の2ランで先制した。五回には代打松山竜平の適時打などでリードを奪ったが、実らなかった。【スライドショー】カープ70周年 あの名場面 東京ドームに響いた快音。打たれた瞬間、森浦はマウンドでひざに手を当てて、落胆し...

広島・巨人乱打戦制し8連勝、岡本決勝3ラン 広島は森浦乱調で逃げ切り失敗

日刊スポーツ<巨人11-8広島>◇29日◇東京ドーム1回に広島が鈴木誠の10号2ランで先制。巨人も岡本和の22号2ランで同点。2点を追う3回に5安打を集めて2点を勝ち越した。【別カット】勝ち越しの3点本塁打を放つ岡本和真広島が5回、野間の適時打で1点差とし、松山の2点適時二塁打で逆転した。巨人はその裏、代打中島の適時打で1点差に迫った。巨人が8回、丸の適時打で追いつき、岡本の23号3ランで勝ち越し、8連勝を飾った。広島は森浦...

広島・痛恨の逆転負け 8回に森浦が岡本和に決勝3ラン 先発・大瀬良も大誤算の6失点降板

スポニチアネックス ◇セ・リーグ 広島―巨人(2021年6月29日 東京D) 広島は、29日の巨人戦に8-11で敗れ、シーソーゲームを落とした。 初回、鈴木誠が2試合ぶりの10号2ランで先制。同点の2回には投手の大瀬良の適時打などで2点を追加した。ただ、投げる方では大瀬良が誤算。4-2の3回に、丸、岡本和、坂本の中軸に3連続適時打を浴びるなど4失点で逆転をくらい、3回6失点で降板した。 それでも、打線が5回に反撃。代打・松山...

広島・【30日の予告先発】巨人・山口俊―広島・九里亜蓮、楽天・田中将大―日本ハム・立野和明ほか

スポーツ報知 【セ・リーグ】 ◆巨人・山口俊―広島・九里亜蓮(17時45分・東京ドーム) ◆DeNA・今永昇太―中日・福谷浩司(17時45分・神宮) ◆阪神・アルカンタラ―ヤクルト・高梨裕稔(18時・甲子園) 【パ・リーグ】 ◆楽天・田中将大―日本ハム・立野和明(18時・楽天生命パーク) ◆オリックス・田嶋大樹―ロッテ・鈴木昭汰(18時・京セラドーム大阪) ◆ソフトバンク・東浜巨―西武・平井克典(18時・北九...

Top