FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 07/23

広島・〈広島〉新1番打者・西川龍馬が打線に火をつける



引き分け以下で自力優勝の可能性が消滅するという、まさに土俵際まで追い込まれた対巨人3連戦でカープがリーグ覇者としての意地を見せて3連勝。3連戦のいずれかで雨天中止が予想されていたが、物事が上手く運ぶときというのは天気をも味方につけるのだろう。周囲の心配をヨソに、試合は予定通りに開催された。

この3連勝を紐解く上で外せないのが、やはり打線の奮起だろう。6月の交流戦以降は5月の快進撃が嘘のように、打撃陣が一気に失速した。それが球宴明けの6試合に限って言えば、1試合平均4.5点、7.6安打と復調傾向にある。なかでも1番に固定された西川龍馬は、すべての試合で出塁し打率も4割近い数字をマーク。先頭打者本塁打に加えて犠打もきっちりこなすなど、リードオフマンとして理想的な働きを見せている。

球団2位となる27試合連続安打を記録したときの主な打順は5番であったが、天才的なバットコントロール、積極打法を持ち味とする打者だけに、打席数の多い1番で起用されるのも魅力的だ。いずれにせよ4番、9番以外すべての打順を経験している今季のなかでも、1番という打順は想像以上に西川にフィットしている。

「正直、開幕前からもあまり打順については考えていなくて『とにかく、どこでも試合に出たい』ということを優先に考えてシーズンに入りました。それはシーズンに入ってからも今もです」

どの打順で起用されても仕事をこなし、守備面でもコンバートされた外野で失策0と奮闘している。首位を猛追するためには“つなぎの打線”は最重要事項だ。天才と称されるバットから今後も快音が響けば、5月の再来も夢ではない。

広島アスリートマガジン編集部

◇掲示板

cn1***** | 11分前
去年まではサードの守備が良くなくてそれが打撃にも影響を与えていたのかもしれない。
今年は外野へのコンバートが当たり、打撃にも余裕が見える。表情も明るい。
意外と言ったら失礼だけど、バントも上手くなった。
そして悪球打ちは龍馬の個性だから、私はなおす必要はないと思う!
1番打者として景気よくのびのびやってほしいね!
返信1
8
0
世界の菊池 | 15分前
当初早打ち凡打が多かったが、最近は球数を投げさせる中で
良いバッティングが出来ており、結構一番がフィットしてきた

悪球打ちのセンスは確かに凄いが、このまま選球眼が身につけば
更に好打者になれるよね

頑張れ龍馬
返信0
7
0
dai***** | 12分前
龍馬次第ではまだまだ上を狙える。
いや、龍馬次第に菊池次第に、松山次第に、広輔次第に…。
みんなが本来の打撃を取り戻せばまだ上を狙える。
もうすぐ中村恭平や一岡も戻ってくる。
まだ上を狙える。
上は横浜ではなく巨人。
4連覇からの日本一。
まだ諦めないからな!
返信0
10
0

関連記事

この記事と関連する記事

広島・〈広島〉新1番打者・西川龍馬が打線に火をつける

カープ広島アスリートマガジン

(0)TB(0)

AFTER「広島・復調の兆しを見せた『つなぎの打線』

BEFORE「広島・野村1軍再合流 逆襲のキーマン「形にしたいな」25日先発濃厚

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top