FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 08/05

広島・【広島】小園、ノーバン捕球悔やむ「下がって捕れば」ワンバンなら三重殺?



 広島の小園海斗内野手(19)が4日、“痛恨のダイレクト捕球”を思い返した。

 遊撃でスタメン出場した3日の阪神戦(マツダ)、2回無死一、二塁の守備でマルテのハーフライナーを危なげなく捕球したが、直後に苦笑いを浮かべた。「後ろ(中堅)の龍馬さん(西川)の顔を見たら『ショーバンで捕れよ』という顔をしていたので、笑ってしまいました」と頭をかいた。

 マルテの打球は低いライナー。「飛んだ瞬間、ショートバウンドで捕れると思った」と振り返った。ライナー性の当たりだったため、走者はそれぞれの塁にくぎづけ。もちろんインフィールドフライも宣告されていない。しかも打者走者も足が速い方ではない。うまくワンバウンド捕球できれば、併殺はもちろん、遊―三―二―一の三重殺も可能なシーンだった。

 小園は腰を落としてグラブの先を地面につけ、ショートバウンド捕球の体勢に入った。「打球が思ったより伸びてきたんです。あと1歩下がって捕れば良かったんですけど…」。結果は遊直。アウトは1つ取れたが、直後に先発の床田が糸原に同点打を浴びただけに、悔やんでも悔やみ切れない結果になった。

 しかし山田守備走塁コーチは「頭ではワンバウンド捕球で併殺というアイデアはあったみたい。でも一番はアウトを1つでも取ること。あのプレーはあれで良かった。これも経験、勉強だね」と19歳にエールを送った。同日の6回1死一塁の守備では大山の併殺コースのゴロをファンブル。捕球する前に顔が打球ではなく二塁・菊池涼を向いていた。失点には結びつかなかったがアウトを1つしか取れなかった。「(これら全て引き出しになる?)そうですね。はい。頑張っていきます」とドラフト1位。日々失敗と成功を繰り返しながら成長している。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・【広島】小園、ノーバン捕球悔やむ「下がって捕れば」ワンバンなら三重殺?

カープスポーツ報知

(0)TB(0)

AFTER「広島・アドゥワ「「ありがたさ感じ」原爆の日に先発へ

BEFORE「広島・恐怖の5番 広島・会沢驚異の打率

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top