FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 08/19

広島・大下さんは、マルチ安打にもほめるどころか……/新井貴浩コラム



 鬼軍曹・大下剛史さんのお話の続きです。

 あまり思い出したくない話もありますが、せっかくですから具体的に説明していきます。ああ、ちょっと嫌な汗が出てきました!

「走ってろ!」と言われ、気がついたら大下さんがいなくなり、ほんと、ぶっ倒れるまで走ったこともありますが、これはフィジカル面ですから、まだマシと言っていいかもしれません。むしろメンタル面のほうがきつかった記憶があります。

 例えば、これは二軍にいたときの話ですが、一、二軍の親子ゲームが広島市民球場であったときです。大下さんはヘッドコーチでもあり、二軍のゲームも視察していました。私はその日、調子が良くて、確か2、3本ヒットを打った。それで「よし、よし」と思っていたら、マネジャーの方が来て、「大下さんが新井に正座させとけと言っている」と。ええッ! ですよね。ほめてもらってもいいくらいなのに。それで「何でですか!?」と聞いたら「あいつはストライクを見送ったから」と。「いいじゃないですか、ヒットを打ったんだから!」と言いたいところですが、大下さんは絶対です。

 すぐグラウンドのホームベースのところで正座。お客さんもまだいるんで、「あいつ何をしたんだ!?」みたいな声や、笑い声が聞こえる。もう、顔から火が出そうでした。そのうち一軍の選手が練習のためにベンチ裏から出てきて、外野に向かうとき、こっちを見ながら、ニヤニヤ笑っていました。

 神宮の試合では全体練習が終わった後、「お前、壁当てしとけ」と言われて、一人で外野のファウルグランドでやっていたこともあります。それも、「なんだ、新井、声を出さんか!」と言われ、もうなんだか分からないけど「よし、来い!」とか言いながら延々やってました。もう開門してたから、お客さんもたくさんいて「何やってるんだ!?」って笑っている。正直、「なんでオレばかりに厳しいんだ」と思いました。

 あのころ私は、二軍に行きたくてたまらなかった。大下さんが怖いとか厳しいとか以上に、結果が出なかったことがつらかった。周囲の冷たい視線も感じていたし、あとにも先にも「二軍に行きたい」と思ったのはこのときだけです。(続く)

PROFILE
新井貴浩/あらい・たかひろ●1977年1月30日生まれ。広島県出身。広島工高から駒大を経て99年ドラフト6位で広島入団。4年目の02年に全140試合に出場し、05年は43本塁打で本塁打王のタイトルを獲得。07年オフ、FA権を行使して阪神に移籍した。11年には打点王になるなど活躍するも、14年は出場機会が減少し、オフに自ら申し出る形で自由契約に。15年に8年ぶりに古巣・広島に復帰。16年には四番打者として25年ぶりのリーグ優勝をけん引し、リーグMVPに輝く。17年途中からは代打が多くなったが勝負強さは健在で、球団史上初のリーグ3連覇に貢献した。18年限りで現役を引退。通算成績は2383試合、2203安打、319本塁打、43盗塁、打率.278。

週刊ベースボール

◇掲示板

mwa***** | 1分前
今ならパワハラなんだろうけど、事実こういうことを経て技術が向上して一流になったりもしたという事実もあるわけで。スポーツの世界はいろいろと線引きが難しいなと感じる。
返信0
0
0
hit***** | 6分前
今じゃ考えられないが、当時は普通にあったんだよなぁ。
返信0
5
0
fin***** | 9分前
今ならパワハラ案件です。
返信0
11
1
mis***** | 5分前
たぶん展開的にはこの後にいい話が来るんだろうけど、一旦ここで切っちゃって読み損ねたら…。
返信0
1
0
a***** | 2分前
パワハラなんだろうけど、パワハラ禁止してたら新井は2000本打つような選手にはなってないだろうな
返信0
1
0
mmn***** | 3分前
大下氏は新井さんかなりのお気に入りだったて話ですね!
返信0
0
0
har***** | たった今
カープの暗黒時代を象徴する男
大下、達川で選手を片っ端から潰した本当の暗黒だった
返信0
0
0

関連記事

この記事と関連する記事

広島・大下さんは、マルチ安打にもほめるどころか……/新井貴浩コラム

カープ週間ベースボール

(0)TB(0)

AFTER「広島・ドーピング陽性のバティスタは弁明希望、NPB発表

BEFORE「広島・今こそ踏ん張れ!バティショックで連敗 天敵・今永に完封負け…巨人と6・5差

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top