FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 08/28

広島・「球団方針をまさに体現している場所」。カープアカデミーはドミニカの若者に“ジャパニーズドリーム”を与える



広島東洋カープが運営するドミニカカープアカデミー。これまでも何人もの選手を日本球界へと送り込み、成功させてきた。現在も5選手が支配下に名を連ねており、“強いカープ”を支える重要なピースとなっている。

【動画】元広島ソリアーノ氏、ムキムキの姿で発見される 「なぜ引退後に」

1軍戦力を輩出し続けるカープアカデミー

 去る7月、広島東洋カープはエマイリン・モンティージャ投手、フアン・サンタナ内野手と支配下選手契約を締結したことを発表した。両選手は共にドミニカ共和国のカープアカデミーの出身。これで広島はチーム内に、ヘロニモ・フランスア投手、アレハンドロ・メヒア内野手、そして、ドーピング問題で揺れるサビエル・バティスタ外野手を含めた計5人のアカデミー出身者を支配下に抱えることとなった。

 1990年に創設された同アカデミーは、これまでにも1995年に15勝をマークしたロビンソン・チェコ投手やMLB通算2095安打を放ったアルフォンソ・ソリアーノ選手といったプレーヤーを輩出してきたが、1軍戦力として活躍し続ける選手を輩出し続けるという点で、近年の実績はアカデミー史上でも指折りの出来ではないだろうか。

 私はこれまでに4度カープアカデミーを訪問させていただいた。最初に訪問したのは2008年8月。当時のアカデミー在籍選手は10名ほどで、いずれも投手であり、野手はおらず、広大な敷地を持て余しているような印象を受けた。この時期はアカデミー的にも日本で活躍するプレーヤーを送り込めておらず、冬の時代であったとも言える。

 その印象は、2015年1月に訪問した際にはガラリと変わっていた。松田元オーナーの肝いりで野手育成に再び舵を取ったアカデミーは、2014年ライネル・ロサリオ選手を日本へ送り込んだ。アカデミー生の数も大幅に増え、ロサリオという身近な選手の活躍はアカデミー生のモチベーションを掻き立てるには十分であり、アカデミーの活気を大いに実感できた。

有望な選手はメジャーのアカデミーへ流れる

 こうしたアカデミー生たちだが、彼らは初めから日本球界や広島でのプレーを目指していたわけではない。

 この点について、2015年当時のアカデミー現地責任者だった山根さんは「予算の規模ではどうしてもメジャーのアカデミーに劣るので、有望な選手はそちらに流れてしまいます。我々はリリース選手と呼んでいるのですが、一度メジャーのアカデミーをリリースされた選手や、アメリカ球界で失敗した選手が再起を図るべくカープの門を叩くというケースが多いですね。ですから10代の子もいれば20代半ば過ぎの選手もいたりします」と語ってくれた。

 翌2016年1月にもアカデミーを再訪したが、この時に現在活躍中のフランスア、バティスタ、メヒアの3選手を目にすることができた。3名ともMLB挑戦の夢が絶たれた経験を経てのカープアカデミー入りした選手だ。日本での春季キャンプに参加することが決まっていた彼らは、一様に日本球界での成功に向け強い決意を述べており、また設備投資も増強されたというアカデミー全体の盛り上がりも印象的であった。

 ドミニカ共和国の「プログラム」(MLBアカデミー入団を目指す13歳~16、17歳世代がプレーするカテゴリーの総称)で指導者として活動中の藤田直人さんは「ドミニカでは、日本は野球の盛んな国であること、大谷翔平選手、田中将大投手、イチローさんといったMLBで活躍する選手は知られていますが、残念ですがNPBについての情報は少なく、フランスアやバティスタといったドミニカ人選手、カープアカデミーの存在も特に知られてはいません」とドミニカにおける日本球界の位置づけについて述べる。

 それも致し方ないことであろう。MLB全30球団がドミニカ国内にアカデミーを持ち、この7月も16歳のジェイソン・ドミンゲス外野手がニューヨーク・ヤンキースと約5憶5000万円という巨額の契約を結んだことが大きな話題になった。やはりMLBのマーケットはあまりにも巨大だ。

 この点についても藤田さんは「ドミニカの少年たちにとって第一の選択肢はMLBです。巨額の契約を手にする少年たちは、13、14歳くらいの段階で、実績のある有力なプログラムに引き抜かれているケースが多いです。なので、必然的にお金のあるプログラムにいい選手が集まります。プログラムにもヒエラルキーのようなものがあり、有力なプログラムは用具、施設が充実しており、選手が契約金を手にしたときにそのうちの何割かをマージンとして手に入れます」と語ってくれた。特別裕福とはいえないドミニカ共和国でもお金が動くところでは動く。

 そして「認知度も違いますし、MLBの市場は日本とは比べ物になりません。したがって、アメリカ行きを勝ち取れなかったMLBアカデミー生、マイナーリーグをリリースされた選手たちが日本球界行きを意識するようになるのというのが現状です」と藤田さんは続けてくれた。

「このアカデミーは球団方針をまさに体現している場所」

 MLB行きという夢が破れた選手たちの駆け込み寺的なポジションにあるのが日本球界やカープアカデミーの現状だ。それでもカープアカデミーの存在価値が日本球界にもたらしたものは少なくない。

 NPBで活躍するプレーヤー、日本経由でMLBに挑戦する夢を掴んだプレーヤーはもちろん、カープの通訳として人気を集めるヘンディ・クレート氏やオスカー・コラス外野手(福岡ソフトバンクホークス)の通訳ウィルフィレーセル・ゲレーロ氏のように1軍出場こそ叶わなかったが、違う形で日本球界に身を置くアカデミー出身者もいる。創立から約30年を経て、野球を通じ様々な形で両国に利益をもたらしている。

 ドミニカの若者にジャパニーズドリームというチャンスを与えるカープアカデミー。前述の山根さんがその存在意義を「うちの球団はご存知のようにマネーゲームには太刀打ちできません。育てて勝つ、というのが球団の方針です。それは、選手はもちろん我々職員だって同じです。そういう意味でもこのアカデミーは球団方針をまさに体現している場所だと思っています」と語ってくれたのが心に残る。カープの理念を体現する場所として更なる発展を期待したい。


高橋康光

ベースボールチャンネル編集部

◇掲示板

car***** | 27分前
カープらしい素晴らしい仕組みですよね
アカデミー出身の選手とメジャーや3Aからの補強選手のバランスも良いしそれが全員戦力として大活躍するのがすごい
育成球団カープは他球団にとってもお手本であり目標とするべき球団です
返信1
21
3
l0_***** | 1時間前
長く続けた事が結果になった。
この場所を守りながら辛抱強くやって来たからね
返信0
65
9
day***** | 1時間前
サンタナも悪くはないだろうけどやっぱり外国人に期待するのは大砲なんだよな。バティスタはアレだけど早めに長距離砲を送り出して欲しい
返信3
38
11
yvi***** | 1時間前
バティスタは何の薬を使ったのか、球団は公表しないの?しないという事は使っちゃいけない薬だったという事?
この問題があってからカープが勝っても素直に喜べなくなりました。
ファンが納得できる対応をお願いします。
返信7
52
35
ぶれっとはーぱーふぁん | 49分前
タイミング良すぎる話題。
返信0
9
0
koh***** | 1時間前
弱い、客入らん、人気無い暗黒期でも手放さんくてやってこれたのは凄いね
返信0
9
4
tem***** | 1時間前
活躍したいからって薬やるような選手を送り込まないでください
球団の歴史にケチがつく
返信0
17
7
rrf***** | 5分前
古沢さんや、道原さんは
まだドミニカに居るんだろうか
返信0
0
0
fre***** | 25分前
薬物汚染の対策は出来ているんだろうか?
返信0
5
2
rbw***** | たった今
ドーピングはダメ
返信0
0
0

関連記事

この記事と関連する記事

広島・「球団方針をまさに体現している場所」。カープアカデミーはドミニカの若者に“ジャパニーズドリーム”を与える

カープベースボールチャンネル

(0)TB(0)

AFTER「広島・「東京ドームだし」/緒方監督

BEFORE「広島・ジョンソン、8四死球も7回無失点で9勝目 逆転V「諦めていない」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top