FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 09/03

広島・ファーム情報 【ファーム】ソフトバンク美間が4打点!楽天・オコエは連日の快音連発



○ ソフトバンク 5 - 1 阪神 ●

【ファーム】ソフトバンク美間が4打点!楽天・オコエは連日の快音連発
ソフトバンク・美間優槻
ウエスタン・リーグ公式戦
<タマスタ筑後 9月1日>
▼ スコア
神|000 000 001|1
ソ|003 020 00X|5

 ソフトバンクが首位攻防3連敗を阻止。本拠地の今季ナイター最終戦を白星で飾った。

 この日は「5番・一塁」で先発出場した美間優槻が大当たり。スコアレスの3回に中前先制打を放つと、5回には左越えへ追撃の2ラン。相手先発の左腕・横山雄哉から4打点を叩き出す活躍でチームを牽引した。

 投手陣は先発の笠谷俊介が3回無失点、後を受けた2番手・杉山一樹が3イニング4奪三振のパーフェクトピッチングで阪神打線を圧倒。マスクを被っていた栗原陵矢もフルイニング出場で4安打1打点と、攻守に渡って存在感を示した。

 首位攻防戦となった今カードはソフトバンクの1勝2敗。2位阪神との差は「5」で幕を閉じている。

○ 中日 4 - 2 広島 ●

ウエスタン・リーグ公式戦
<ナゴヤ 9月1日>
▼ スコア
広|100 000 010|2
中|300 000 01X|4

 ホームの中日が競り勝って3連勝。今季の対広島戦の勝ち越しを決めた。

 中日は1点を追う初回、3番・根尾昂の右中間フェンス直撃の適時二塁打で先制すると、さらに5番・溝脇隼人、6番・A.マルティネスも連続タイムリー。相手先発・ローレンスの立ち上がりを攻め立て、一気に3点を奪い逆転する。

 投げては3回から登板した2番手・阿知羅拓馬が5イニング(64球)を投げて、1安打、無失点の快投。8回に鈴木博志が失点したが、直後に敵失を突いて加点。最後は木下雄介が9回をわずか5球で片付けてカード勝ち越しを決めた。

● 西武 5 - 6 楽天 ○

イースタン・リーグ公式戦
<西武第二 9月1日>
▼ スコア
楽|002 004 000|6
西|002 110 010|5

 西武が逆転負けで連敗。西武は2点を追う3回に9番・斉藤誠人が左翼ポール際に今季初本塁打となる同点2ラン。4回には4番・愛斗が左翼越えへ4号ソロを放り込み、一発攻勢で逆転に成功する。

 しかし6回、三塁・西川愛也の適時失策で1点を返されると、8番・岩見雅紀、1番・オコエ瑠偉のタイムリーでこの回一挙4失点。先発の相内誠は5回まで2失点と粘投していたが、6回途中6失点(自責2)で降板。今季6敗目(6勝)を喫している。

 楽天は前日にサイクルヒットを記録したオコエが3安打、4打点。連日の快音連発で一軍昇格へアピールを続けている。

● ヤクルト 0 - 5 日本ハム ○

イースタン・リーグ公式戦
<戸田 9月1日>
▼ スコア
日|001 001 003|5
ヤ|000 000 000|0

 ヤクルトは完封負けで連勝ならず。5回1失点の先発・館山昌平が今季5敗目(4勝)を喫した。

 この日は攻守ともに日本ハムの面々が躍動。「1番・三塁」で先発出場した浅間大基が3回に左中間を破る先制打を放つと、6回には右翼越えへ今季初ホームラン。7回の第4打席には相手投手・山中浩史の足もとを襲う内野安打を放ち、復帰後初の猛打賞をマークした。

 ヤクルトは投手陣が8回まで2失点でこらえるも、打線が日本ハムの先発・吉田侑樹の前に7回まで4安打に抑え込まれてゼロ行進。逆に9回、浅間に代わって途中出場していた谷内亮太に2点打、2番・田宮裕涼にもタイムリーを許して突き放された。

 日本ハムは8回から柿木蓮、田中豊樹が無失点で繋いで完封リレー。右腕3人の継投で最後まで得点を許さなかった。

● ロッテ 2 - 8 巨人 ○

イースタン・リーグ公式戦
<佐倉 9月1日>
▼ スコア
巨|002 002 202|8
ロ|000 002 000|2

 「長嶋茂雄記念岩名球場」で行われた一戦は巨人に軍配。終身名誉監督の名が冠された地でロッテを圧倒した。

 巨人は3回に2番・湯浅大の2点適時打で先制すると、2点リードの6回には4番・北村拓己、5番・中島宏之が連続タイムリーを放ち加点。その後も長打を絡めて効果的に得点を重ねた。

 投げては先発の古川侑利が6回、7奪三振、2失点と好投。7回以降はアダメス、鍬原拓也、堀岡隼人が無失点リレーを見せて、最後までロッテ打線に反撃を許さなかった。

 敗れたロッテは先発の涌井秀章が6回4失点(自責2)で3敗目(1勝)。6回に4番・安田尚憲がリーグトップタイに並ぶ16号2ランを放ったが、投打ともに巨人に押し切られ、千葉県開催2連勝とはならなかった。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・ファーム情報 【ファーム】ソフトバンク美間が4打点!楽天・オコエは連日の快音連発

(0)TB(0)

AFTER「広島・長野 移籍後初の4番も3打数無安打 緒方監督は抜てきの理由明かす

BEFORE「広島・バティスタ、出場停止6カ月=禁止薬物のホルモン調節薬検出-プロ野球

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top