FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 09/14

広島・佐々岡コーチ 四球連発の投手陣に苦言「東京ドームの怖さなのか」



 「巨人5-6広島」(14日、東京ドーム)

 広島・佐々岡真司投手コーチが投手陣に苦言を呈した。

 先発ジョンソンが判定にイライラした姿には「なかなか冷静になれないな。でも粘り強く投げた」と言及。それでも6投手によるリレーでジョンソンが5四球、中村恭が2四球、フランスアも2四球を与え「ずっと言っているけど、四球絡みで点が入っている。東京ドームの怖さなのか」と歯がゆそうだった。

◇掲示板

piy***** | 1時間前
昨日の適当ゾーン津川はともかく、澤村の時は異常に広いストライクゾーンは萎える。
返信2
399
39
abe***** | 1時間前
審判が味方だと思って投げるのと
審判が敵だと思って投げるのとでは
プレッシャーが違って当然
それでも負けた巨人の投手陣は・・という話
返信4
321
31
shi***** | 48分前
ジョンソンの場合は結果四球もありで、石原は際どいとこ行ってると思う。
坂本への際どい球がボール判定となりノーアウトで歩かせ、次の丸は四球は出したくないところで、いかれてしまった。
坂本が三振だったら、丸には四球もありの配球で勝負して結果ホームランはなかったろう。
今の巨人の中軸は全体調子上がってて、かなりの圧だと思う。昨日の九里はなんだかんだ試合壊さず、一点づつでよく凌いでいたと思うが。
返信1
142
15
dh_***** | 59分前
審判、辛かったなあ。
坂本の打席の時なんか、2球続けてストライクでも良かったけどねー
返信6
178
1
ltz***** | 36分前
カープの与四球はセリーグトップ、原因のひとつに、會澤の足の位置がベースを外し過ぎなのと、ミットを構えるのが遅いピッチャーが投球モーションに入ってミットを構えるのは遅い、ランナーからのコース指示を恐れてのことと思うが、的がない状態で投球モーションに入るのはコントロールしにくい。また、リードが変化球が多過ぎることもあると思う。
返信4
34
5
fz3***** | 33分前
体勢崩れているのにバットに当たったらフェンス際まで飛ぶのはしらける……ホームランが多い方が良いっていうのも限度があると。
コントロールは・・・そういう投手に育てて下さい。
球威がある投手を獲るのは良いがストライク取れないのは問題です。
返信0
17
0
yau***** | 1時間前
東京ドームの怖さ(ジャンパイア)ですね
返信0
167
6
ct**** | 46分前
コーチ含めて投手部門に精神的支柱となる存在がいない事が大きい。
黒田が居てくれた頃はみんな心強かったはず。
現役の中で今誰が投手陣を引っ張っているか。。。
全くそれが感じられない。
返信0
45
2
pbh***** | 1時間前
まぁジョンソンは、ここんところ登板間隔が短かったし、
球審が辛めできたからね。
中恭は、追い込んでからの力味ですな。野村さんが⑤解説してたとおり。
返信0
71
5
Karaburi③ | 37分前
審判員交えて監督同士のメンバー表交換の時に、緒方監督が先にベンチに帰った後、原監督は暫く審判員と相談らしき事をやっているのが放映されていたが、あれって何の相談だったんだろう。
試合が始まったら澤村の投げる球が何時もと違いボール球みたいなのもストライク判定。
逆にジョンソンの球は良いコースなのにボール判定。
原監督と審判員の話し合いに何か関連しているのかな。
まさかね?

多分、今夜の打ち上げ会への招待連絡だったかもね。
返信1
63
0

関連記事

この記事と関連する記事

広島・佐々岡コーチ 四球連発の投手陣に苦言「東京ドームの怖さなのか」

カープデイリースポーツ

(0)TB(0)

AFTER「広島・15日予告先発はリリーフから中1日の塹江 引退セレモニー「エルちゃん」のためにも白星を

BEFORE「広島・広島がV3王者の意地見せる 9月初安打の野間がパスボールで決勝ホーム「残り全試合勝つつもりで」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top