FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 09/25

広島・【緒方カープの誤算3】「先発10人」構想もことごとく…



 春季キャンプ前日の1月31日、緒方監督が掲げたのが先発10人構想だった。日本一を目標にして戦うシーズンで、先発陣の再整備は不可欠。不測の事態に備える意味でも「6人だけじゃなく、極端にいえば10人、10番目ぐらいまで用意していく」とのプランを語り、実行に移してきた。

 大瀬良、ジョンソンの2人を軸に“実質1年目”の床田、九里らが奮闘した一方で、中堅や若鯉は1軍で結果を出し続ける難しさを知った。

 序盤から想定外の事態に直面する。4月11日のヤクルト戦で岡田が1回0/3を6四死球6失点で降板し、翌12日に出場選手登録を抹消した。期待していた右腕の不調に「あんなことになるとは」とチーム関係者。その後は長く2軍で再調整することになり、4カード目で早くも開幕ローテの1人を失った。

 開幕を2軍で迎えた先発候補には大きなチャンスだった。それでもつかみ取れなかった。山口は5月30日のヤクルト戦でプロ初勝利後、壁に当たった。アドゥワは好調を持続できず、中村祐は今季初先発した5月5日の巨人戦で四回途中交代を命じられた。薮田は試行錯誤し、ローレンスは球威不足で結果を残せなかった。

 苦しい台所事情が色濃く出たのが7月9日の中日戦。6月21日のオリックス戦で4回2失点し翌日に抹消した山口を、ローレンス抹消に伴い再昇格させた。課題に取り組む最中での合流に「上げる投手がいなかった」とチーム関係者。右腕以外に2軍から推薦される投手がいなかったことに、チーム事情がうかがえた。山口は1回3失点で降板。試合中に広島への強制送還を命じられた。

 勝負手を打つ時期はどうだったか。8月1日の首位・巨人戦に逆転勝利。ゲーム差を「4」まで詰めた。12~14日にはマツダスタジアムでの直接対決が控えており、2日の阪神戦に先発した大瀬良の登板間隔を詰めれば、3戦目の14日の登板が可能だった。だが、時期早々と判断し、ローテの前倒しは見送られた。勝負どころと見ていたのは8月27日からの3連戦。そのときには、差は「6・5」まで広がっていた。

◇掲示板

rat***** | 59分前
これに関しては投手個々の自己管理の問題で、必ずしもコーチや監督のせいにはできない。プロなのだから。それも日本一をめざしているチームの一員なのだから、そこでマウンドを任される以上、シーズン前の準備から、怠りなくやってほしかった。これはリリーフの投手も同じ。
その一方で、もっと多くの、ベテランの投手に先発のチャンスをあげてほしかった。今後のことにもなるが、今村投手やレグナルト投手、場合によっては中崎投手の先発転向も考えてほしい。彼らに共通するのは、ランナーを出しても粘り強いこと。裏を返せば爆発力には欠けるので、リリーフで短いイニングでは良さを活かしにくいかもしれない。逆に、岡田投手は、球威を活かすためにリリーフの方がいいかもしれない。ただ、そのためには三振を取れる変化球が必須。ジョンソン投手のナックルカーブや大瀬良投手のスプリットチェンジは参考になると思う。
返信1
20
37
John Doe | 53分前
後手後手感のある投手起用だったとしかいいようがない。
またもう少し九里を先発にするべきだったろうし丸が抜けた穴を長野ではなく投手で埋めるべきだった。
去年夏場は中継ぎ投手陣がアップアップ状態で2位との直接対決を本拠で運よく多く勝てた結果にすぎん。
対広島で悪い投手が漏れ出ていたのかもしれないが自球団以外との対戦成績で判断するべきだろうね。
ベテランであれば吉川光にしろ内海にしろ大竹にしろ漏れ出てたと思うし中堅どころであれば宮国や田原でもでていればとってもよかった。
どの球団でもいえることだが人的補強するべきは野手ではなく投手であるというのがまったくわかっていないとしか言いようがない。
シーズンを戦う上で絶対必要なのは投手であり打線というのは水物でいまいる野手で十分対応はできる。
返信1
23
38
tet***** | 1時間前
佐々岡はマジでガンでしたね
先発十人構想とかいって中継ぎ整備怠って継投崩壊
シーズン4戦目では7回リード局面で実績皆無のノーコン新人島内中継ぎに出して案の定四球から崩れて連敗し
続投不要な場面で先発を無駄に引っ張って疲労を溜め後半の崩壊を招き
特にトミージョン明け実質新人の床田を4月から111球127球104球119球と酷使し後半不調に陥らせ
投球内容を見ず願望だけで続投判断し大量失点を引き起こし
特に8/14の巨人戦では6回終わってフラフラの野村を球もみず願望だけで続投してボコられシーズンの帰趨を決する大事な試合を落し
交代判断が遅く逆転不可能な失点をしまだ交代させずさらにヒット四球で塁を埋めてようやく交代させ火消しの投手にも負担をかける
こうしてみると去年までの畝はよくやってましたね
佐々岡こそ戦犯、辞任するか二軍に戻って欲しいと思いました
返信1
129
19
世界のナカムラ | 1時間前
佐々岡は100勝100セーブを記録した素晴らしい投手だったけど、今となってはその記録が逆に邪魔になりつつあるね。
「俺は先発も抑えも両方こなせた。だからお前らもそれぐらいは出来るやろ?」みたいな…
でもこの記録は強い身体があってこそ、そして器用でなければ出来ない。
まあプロになる人はほとんどはアマチュアではエースとして先発で投げていた人ばかりだが、やはり先発、中継ぎ、抑えの適正があると思うし、先発がダメだったから次の日から中継ぎで投げろというのも簡単ではない。
それを気持ちと根性論だけでカバーするのは無理だよね。
返信0
53
18
b_f***** | 34分前
人に対して使う側が組織運営のために何をしてほしいかを具体的に説明したり明確な指示を出すって本当に大事だよなぁと思う
結果的に今年の先発10人構想なんて九里を何人も準備できなければ成立しなかったわけだしそこそこの選手を調子を見極めて使い回す方法がきちんと機能するなら最強のブルペンは年間10~13セーブ程度挙げられる選手を5人準備すればいいことになるがそれで成功したなんて話は聞いたことがない
返信0
1
1
tok***** | 7分前
大瀬良ジョンソン床田がエースで野村九利まではよいとして 
あとの候補の薮田岡田アドゥワ中村裕あたりがもっと結果を出てきてくれたらいいんですけどね。
今年は接戦で負けているときに出てくる投手が踏ん張れなかったし、セットアップやクローザーも中崎、フランソアがここぞで打たれまくり、前半戦で奮闘したレグナルトもダメ、よかったのは中村恭ですね。

気になるのはドラフトで球速が150以上あるけど制球はイマイチというタイプを好んで集めていましたが、誰一人としてモノになっていない。これはもうドラフト戦略を見直した方がいいですね。いくら球速が出てもコントロールが悪ければ四球連発で試合にならない。
返信0
0
0
kae***** | 43分前
やっぱりプロ野球はピッチャーの頭数いないと後手後手になるなぁと痛感したシーズンでした。

でも個人的に思うんですけど、ひと昔前って先発にしろ中継ぎにしろ抑えにしろ、いいピッチャーって何シーズンにも渡って活躍してた気がするんですがね。カープに限らず。

ここ数年続けていい成績を残すピッチャーがすごい少ない気がするんですが…

やっぱり野球そのものが変わってるのでしょうか。
返信0
11
1
nya***** | 1時間前
やはり黒田は、チームの投手陣に与える影響も含めて凄かったということか。
新井は投手陣と野手陣の仲介役的なことをしていたとのことだし、この二人がキーだったのかも。

投手の能力が、短期間で激しく上下するわけはない。となるとメンタルだと思うが、二人がいたことでこの辺の調整がうまく行ってたんだろうね、連覇中は。
返信3
41
15
y_i***** | 3分前
先発がコマ不足なのは薮田投手・岡田投手のノーコン回復待ち。
中継ぎは、負試合でも調子の良い投手を起用し疲労により2軍。
(首脳陣の責任)
抑えの中崎投手は昨年後半からの不調を継続。
フランスア投手に頼り過ぎで疲れがでた。
主原因は起用法法に問題があった。
返信0
0
0
hcm | 18分前
佐々岡さんは、二軍で投手を育成するのが適任だったと思う。かといって、一軍の投手陣を立て直す適任者もいないし、来季はどうなることやら。
明らかにベンチの顔色を伺いながら投げてそうな投手(岡田、薮田、山口投手)は、監督が変わればいい方向に向かって行くのではないかと思う。
返信0
2
1

関連記事

この記事と関連する記事

広島・【緒方カープの誤算3】「先発10人」構想もことごとく…

カープデイリースポーツ

(0)TB(0)

AFTER「広島・広島OB安仁屋氏 カープCS進出、逆転日本一に太鼓判「先発3枚そろっている」

BEFORE「広島・球団新12度目サヨナラCS王手!会沢「必死」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top