FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2020 04/03

バッテリー残量アラート「バッテリー残量が少なくなっています」を表示させない方法




iPhoneでは、バッテリー残量が20%、あるいは10%になると、強制的に「バッテリー残量が少なくなっています」というアラート表示がされます。

iPhoneのどの設定アプリのどこを探しても、この機能をオフにする項目はありません。しかし、たったひとつだけ、この通知を非表示にする方法があります。

それが「アクセスガイド」を利用する方法です。

これを使えば、たとえばiPhoneでゲームをしているときに「バッテリー残量アラートが邪魔をして、ゲームが中断された!」なんて不都合も起こらなくなります。


iPhoneの「バッテリー残量アラート」を非表示にする方法

iPhoneにおいて「バッテリー残量が少なくなっています」というバッテリー残量アラートをオフにすることはできません。しかし「アクセスガイド」という機能を使えば、表示されないようにできるのです。


アクセスガイド機能を使うための前準備


アクセスガイドを使うには、いくつか前準備が必要ですので、まずはその設定方法をご紹介します。

iPhoneの設定アプリを開き、「アクセシビリティ > アクセスガイド」と進みます。






「アクセスガイド」をオンにして、その下のパスコード設定を行います。パスコードは決して忘れてはいけないので、単純なものが良いでしょう。私は「000000」にしています。


これで事前の設定は完了です。それでは実際に、アプリ内でアクセスガイド機能をオン/オフにする方法をご紹介します。

アクセスガイドの使い方

通知センター機能を切断したいアプリを開き、ホームボタンを三回、連続で押す。

すると「アクセスガイドが開始されました」とアナウンスがでる。これで完了だ。

この状態であれば、iPhoneの通知センターは機能しない。どれだけ画面上部を触っても、通知センターが降りてくることはないのだ。

アクセスガイドを終了させる方法

アクセスガイド機能を止めたいときは、再び、ホームボタンを三回、連続で押す。

「アクセスガイドが終了しました」というアナウンスが出ればOK。これで元通りになる。

まとめ

「通知センター 出さない」で検索すると、通知が来ないように設定する方法を書いた記事ばかりだ。おそらく知りたいのは、それじゃない。

今回の方法であれば、通知センター機能自体を完全に使えなくするので、操作ミスが減る。ゲームなど激しい操作をしているときの誤操作が激減するだろう。



関連記事

この記事と関連する記事

バッテリー残量アラート「バッテリー残量が少なくなっています」を表示させない方法

(0)TB(0)

AFTER「プロスピマンスリー感謝祭

BEFORE「森下覚醒

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top