FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/13

広島・20歳の挑戦。昨季ファームで最多セーブを獲得したカープ田中法彦が目指す速球の正体


引用元

◆再び強い球を取り戻し、リリーフとして活躍を

 昨季、田中法彦に与えられた役割はクローザー。二軍とはいえ、試合を締めくくる大事なポジション。田中は、強靭な体格から繰り出すキレの良い直球、僅差でも動じない心の強さを武器に結果を残していった。


 二軍での安定した成績が評価され、10月には2年目にして初の一軍昇格。10月29日のヤクルト戦(マツダスタジアム)でプロ初登板を飾ると1回を無失点に抑える快投を見せ、プロでの歩みを加速させた。

 それだけに今季、田中法にかかる期待は大きかった。春季キャンプでは一軍に帯同し、練習試合でも登板の機会を得た。しかし、開幕前に二軍降格となり、開幕一軍はならなかった。

「昨年一軍で投げさせてもらい、球の質、変化球、コントロール、全てでレベルアップしないといけないという思いで自分を見失っていました。今は一度リセットして、まずは質の良い球を投げることを一番に意識しています」

 ストレートとカットボール。昨年飛躍するきっかけとなったこの2球種の質をもう一度取り戻していくのが課題となる。そして、今季もリリーフとしての成長を目指す田中法は、結果同様に内容も追求していくことが一軍入りへのアピールへとつながっていく。

「無失点でも内容が大事だと思うので、安打や四球があっての無失点ではなく、打者を圧倒して、良い内容で無失点に抑えられるようにしていきたいです」

 昨季、ファームで最多セーブを獲得したリリーバー。キャンプでは実力を発揮できずにいた田中法だが、目線は一軍を見据えて黙々と練習に取り組んでいる。高卒3年目の今季、再び自らの武器に磨きをかけ、若い力の躍動が目立つ一軍リリーフ陣に自身の名前を連ねたい。 
広島アスリートマガジン編集部

コメント
----
カープの投手陣は何故こうも年々球速が落ちてくるのか? 田中に関しても、球速が落ちた分球質が向上しているかと言われれば疑問です。 今年は2軍でもイマイチですからね。 コーチの指導力不足が大きな要因では?...
#Yahooニュースのコメント https://news.yahoo.co.jp/profile/comments/16235512823380.29a1.02608

関連記事

この記事と関連する記事

広島・20歳の挑戦。昨季ファームで最多セーブを獲得したカープ田中法彦が目指す速球の正体

カープ広島アスリートマガジン

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「オリックス・増井浩俊―広島・高橋昂也…スタメン発表

BEFORE「広島・広島薮田和樹-西武与座海人/14日予告先発

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top