FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/16

山本昌が占う「セ・パ新人王レース」 気になる新人・若手投手を徹底解説!


引用元

 宮城大弥(オリックス)、早川隆久(楽天)、栗林良吏(広島)、伊藤将司(阪神)など、期待の新人・若手投手が次々に躍動している今季のプロ野球。数々のNPB史上最年長記録を打ち立てた球界のレジェンド左腕・山本昌さんが、し烈な新人王争いの行方を占うとともに、注目している若手投手について解説する。

プロのゾーンに対応できる宮城大弥の凄さ


――今季はセ・パともに才能豊かな新人・若手投手が活躍していますね。

 そうですね。まずはパ・リーグから見ていくと、新人王の最有力候補はオリックスの宮城大弥投手でしょう。まだ高卒2年目の19歳。彼の凄さは、ストレートでも変化球でもストライクを投げられることです。高校野球とプロ野球のストライクゾーンを比べると、プロ野球のほうが3分の2ぐらい狭い。その中で簡単にストライクを取って、投手有利なカウントで勝負できていることがすばらしいです。

――試合を見ていても、ストライク先行でどんどん攻めている印象があります。

 ストレートの腕の振りがいいので、バッターは球速表示以上に速く感じているはずです。(球速表示上は)最速145kmくらいだとしても、体感では150km近いのではないでしょうか。また、左投手は右打者へのクロスファイアーが生命線と言われますが、宮城投手の武器は右打者へのアウトコース。打者の目から遠いところに、しびれるような球を投げ込んでいます。

――変化球はどうですか?

 左打者の外に逃げるスライダーのキレがいいですね。右打者の膝元にもしっかりと投げ込むことができています。

――高評価の宮城投手に次ぐのは誰ですか?

 楽天の早川隆久投手です。早稲田大学のときに取材をさせてもらいましたが、非常にクレバーで野球に取り組む姿勢がいい。ピッチングはコントロールが安定していて、試合を作る能力を持っています。プロ入り前から、「1年目からすぐに10勝できる力がある」と思っていましたが、大学時代のイメージのまま、プロでも投げている印象を受けます。

――ここまで12試合に登板して、7勝2敗、防御率3.30。宮城投手と比べると、圧倒的に抑えているイメージはありませんが、何か課題はありますか?

 全体的にボールがまだ高いですね。大学生であればファウルや空振りを取れていたボールが、プロでは打たれてしまう。このあたりは改善の余地があると思います。

――被打率を見ると、右打者(.214)よりも左打者(.303)を苦手にしている傾向があります。

 宮城投手のスライダーのようなウイニングショットになる変化球を覚えることができれば、変わってくると思います。後は左バッターのインコースをどれだけ攻められるか。フォークやチェンジアップをインコースに投げられるようになれば、左打者の被打率も下がってくるはずです。パ・リーグの新人王は、現時点ではこの2人のマッチレースになると思います。
佐々木朗希の能力は超一流
――今季のパ・リーグは、宮城、早川の両投手以外にも若い投手が頑張っています。

 勝ち運にこそ恵まれていませんが、日本ハムの伊藤大海投手のストレートは、今年のルーキーの中ではずば抜けた威力を持っています。今は先発ですが、クローザーでもかなりいい数字を残すのではないでしょうか。

――打線の援護に恵まれなかったこともあり、現在の成績は3勝4敗、防御率3.07。内容的にはもう少し勝っていても不思議ではないピッチングをしています。ピッチャーにとって勝ち星はやはり気になるものですが?

 はい、ピッチャーにとっては大事な記録です。勝ちが付くか否かには、大きな違いがあります。ただ、1年間やっていけば、実力どおりの結果が付いてくるもの。ぜひ、今のピッチングを続けてほしいですね。

――ここまで宮城、早川、伊藤と3人の投手の名前が挙がりましたが、他の投手はどうですか?
 ロッテの鈴木昭汰投手の名前を挙げておきましょう。法政大学時代も見ていますが、プロに入ってさらに成長を遂げ、ストレートの力がワンランクアップしています。シーズン序盤の好調時には、早川投手と比べても遜色のないボールを投げていました。あのときのボールをコンスタントに投げられるようになれば、二桁勝てる可能性を秘めています。

――5月の中盤あたりから、少し調子を落としているように感じます。

 大学と違って、プロは7か月近く試合がありますから。その中でコンディションを整えていくのは、1年目の新人にとっては大変なことです。鈴木投手にとっては、すべてが勉強になっていると思います。

――新人王という観点を抜きにして、ロッテの佐々木朗希投手をどう見ていますか?

 投げるボールやフォームは超一流です。ストレートには球威があり、フォームの流れと投げるタイミングもいい。私が非常に好きなタイプのフォームです。ただ、体がまだできていないので、昨年1年間、体作りに時間をかけたロッテの判断は正しいと思います。

――5月16日の一軍デビュー戦で西武に5盗塁を許して、「クイックの練習が必要だ」という声が多く聞かれました。プロで勝つとなると、細かい技術も必要になってきますか?

 今、気にする必要はありません。一軍で初めて投げたわけですから、これから練習していけばいいことです。佐々木投手ほどの力があれば、すぐに克服できますよ。それだけ、ずば抜けた潜在能力を持っています。

縦の変化が光る栗林良吏


――セ・リーグの投手はどうですか?

 阪神の佐藤輝明選手や、DeNAの牧秀悟選手の活躍が目立っていますが、広島の栗林良吏投手も立派なピッチングを見せています。宮城投手と同じように、プロのストライクゾーンに対応できるコントロールを持っていることが大きな特徴になります。それに開幕から抑えを任され、22試合連続で無失点を続けてきたわけですから、並大抵の新人ではない。大学、社会人を経験してきたからこその強さを感じます。

※栗林投手は6月13日のオリックス戦でT-岡田からサヨナラ安打を打たれ、開幕からの連続無失点記録は22で止まった。

――栗林投手が好調な要因は?

 速いストレートと落ちるボールをしっかりと操ることができています。栗林投手はリリースの位置が高く、縦の変化球を投げやすいフォームです。その分、高低にコントロールが乱れやすい面があるのですが、栗林投手にはそれがありません。このあたりも立派です。

――これから梅雨に入り、暑い夏がやってきます。新人投手はそろそろ疲れが出てくる頃でしょうか?

 1年目ということで、キャンプから気を張ってやってきていると思います。ただ、栗林投手の場合は無理をしていないというか、自分の実力をそのまま出せているので、そんなに崩れる心配はないと思います。これからもしびれる場面での好投に期待したいですね。

――栗林投手の他に昌さんが気になる投手はいますか?

 阪神の伊藤将司投手です。技巧派のイメージが強いと思いますが、彼の魅力はキレのいいストレートにあります。右手を高く上げる変則フォームでテイクバックも小さく、バッターはボールの出どころがかなり見づらいはず。ここにキレのいいストレートが加わるので、球速表示はさほど出ていなくてもバッターは差し込まれるし、スライダーやチェンジアップ系の変化球を活かすことができます。

――このままローテーションを守り続ければ、新人王の可能性もありますか?

 そのためには阪神が優勝することですね。優勝チームのローテーションを守った投手が、仮に二桁勝ったとなれば、評価は間違いなく上がるはず。セ・リーグの新人王争いは野手の佐藤選手、牧選手に、栗林投手、伊藤投手の4人で争う展開になっていくでしょう。

奥川恭伸は低めの制球が課題


――ところで、昌さんはヤクルトの奥川恭伸投手を星稜高校時代から取材してきました。彼の成長をどう見ますか? 高卒2年目、新人王資格を有しています。

 素晴らしいピッチャーであることは間違いありません。プロで少しずつ体が強くなり、ボールの威力も増してきている。ただ、ストレートが高いのが気になります。いいボールを放っていても、それが低めに集まってこない。これは春のキャンプから感じていたことでした。力のある序盤はそれでも抑えられるかもしれませんが、疲れが出てくる中盤にどうしても打たれてしまう。低めの制球がよくなれば、プロでもどんどん勝てるピッチャーになるはずです。

――それは下半身の強化などで解決できることですか?

 それだけでなく、体の向きを考える必要があると思います。奥川投手は投げにいくときに、少し上を向いています。それが高めにいく原因のひとつかもしれません。高卒2年目であることを考えれば、十分なピッチングをしていますが、彼はもっとできる投手ですから。宮城投手、佐々木投手、奥川投手の同期入団組で、プロ野球界を引っ張ってほしいですね。

――最後に、ファームに目を向けて、昌さんが将来的に楽しみにしているピッチャーがいれば教えてください。

 中京大中京から中日に入団した高橋宏斗投手です。ストレートに強さがあり、ボールの走りがいい。先発として育てていくと思いますが、これからどのようなピッチャーになっていくのか楽しみにしています。

※本稿に掲載した選手の成績はすべて6月13日終了時点のもの

(企画構成:スリーライト)
山本昌(やまもと・まさ)


1965年神奈川県生まれ。85年にドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。エースとして3度最多勝に輝き、94年には沢村賞を受賞。2006年にはNPB史上最年長の41歳でノーヒットノーランを達成。その後も数々の最年長記録を打ち立て、15年にNPB史上最年長の50歳で出場、登板を果たしたところで現役引退。通算成績219勝165敗、防御率3.45。現在は野球解説者、スポーツコメンテーターとして活動。ラジコンや競馬、昆虫採集など、趣味が多いことでも知られる。


関連記事

この記事と関連する記事

山本昌が占う「セ・パ新人王レース」 気になる新人・若手投手を徹底解説!

スポーツナビ

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・広島から5人が侍入り 栗林「選ばれてびっくり」 森下「野球人生にプラスになる」

BEFORE「広島・【16日のプロ野球公示】巨人が菅野智之、カープが會澤翼を抹消 千葉ロッテはトレード移籍の加藤翔平を抹消

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top