FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/18

広島・広島は投手陣の「先々を見据えた起用法」を OB安仁屋氏が首脳陣へ提言


引用元

 広島OBでデイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(76)が17日、カープ投手陣について「先々を見据えた起用法」を提言した。先発陣に若手が多い現状を踏まえ、5回や100球前後での交代ではなく、長いイニングを投げさせる重要性に言及。中継ぎ陣も守護神・栗林以外は、その日の調子で起用人員を決める“日替わり方程式”で勝ち切る継投策にも期待を寄せた。

  ◇  ◇

 交流戦は3勝12敗3分けと、思うようにいかなかった。先発陣は全18試合で誰も白星を挙げられなかった。その中で気になったのは、若い先発投手の起用法だ。

 10日・ソフトバンク戦に先発した玉村は、6回100球で3安打無失点。1軍4度目の登板で一番良かった。翌11日のオリックス戦でプロ初先発した大道は5回無安打無失点。こちらも100点満点以上の内容だった。ただ、玉村は1点リードの場面で大道は同点の5回84球で降板した。

 玉村は将来的に2桁勝利できると思うし、大道も短いイニングだと、少しもったいない気がした。九里に似た気の強さもあるし、先発の方がいいのかもしれない。11日はプロ初先発を考慮されての降板だろう。球数100や5回というのは交代の目安になる。

 しかし、若い投手の成長を促す観点から言えば、無失点なら「点を取られるまで続投させる」ことも重要だ。味方が3点先制すれば「同点になるまで、お前で行く」ぐらいの気持ちでいい。責任を持って長いイニングを投げることが、自身の糧にもなる。

 ベンチも信頼できるから先発を任せている。だからこそ「どんな形でも勝たせてやる」という姿勢も大切。投手も1勝すれば次の1勝が目標になるし、やはり「勝ち」にまさるものはない。目の前の勝利が最優先なのは当然で、チーム事情もあるだろう。しかし、首脳陣には我慢も必要だ。大瀬良、九里、森下の3人がいるのだから、先を見据えていい意味で余裕を持った起用もしてほしい。

 中継ぎでは守護神・栗林につなぐ前の失点が目立つ。勝ちパターンにこだわり過ぎず、その日、状態がいい投手で継投する“日替わり方程式”でもいい。それが個々のアピールに直結し、競争意識を芽生えさせ、チームにとってプラスの要素をもたらすと考える。

コメント

・投手陣もだが野手陣も若手起用を積極的にやるべき
中堅選手より数字を残してるし、今の順位なら将来を見据えて起用して欲しい
けどベテラン中堅選手の力は絶対に必要
柔軟な采配が出来れば良いが、頭が固すぎる首脳陣だから…

・安仁屋さんも基本的には佐々岡監督と同じ「先発は完投を目指すべき」派で、とにかく投げ込み重視、その考え方は現代野球とはかけ離れていますからね。未だに臨時コーチとしてキャンプに招かれてる事自体謎。

・結果論だからな。にしても今の首脳陣は勝つ気がない…

・先々どころか来週のことすらかんがえてるか怪しい


関連記事

この記事と関連する記事

広島・広島は投手陣の「先々を見据えた起用法」を OB安仁屋氏が首脳陣へ提言

カープデイリースポーツ

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・広島の敏腕スカウトが説く新人の成功法則 森下、栗林に次ぐ今秋ドラフト注目株は?

BEFORE「広島・クロン抹消の〝あちゃー〟な真相…首脳陣の打撃フォーム改造を拒否していた!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top