FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/18

広島・【プレビュー】首位・阪神と7ゲーム差で2位の巨人が直接対決、最下位脱出したDeNAは6位・広島と対戦、ほか | セ・リーグ | プロ野球


引用元

約1か月ぶりに再開となるプロ野球セ・リーグ。6月18日~20日に行われる試合の見どころを紹介。首位の阪神タイガースは、7ゲーム差離して2位の読売ジャイアンツと直接対決。3位の東京ヤクルトスワローズは4位の中日ドラゴンズと、5位の横浜DeNAベイスターズは最下位の広島東洋カープと対戦する。
ヤクルト対中日

交流戦を10勝8敗の5位で終えたヤクルトは、通算でも20勝24敗7分の同率2位としている。今季5勝1敗2分と得意の中日を叩き、まずは単独2位に浮上したい。

注目はベテラン・青木宣親。交流戦ではチームトップの打率.344をマークし、3本塁打、12打点、OPS1.027と主軸の役割を果たした。今季の中日戦では打率.118と苦戦しているが、苦手を払拭してチームを勝利に導きたい。

交流戦で9勝7敗2分と優勝争いを展開した中日は、通算25勝29敗9分の4位としている。ヤクルトとは5ゲーム差と離されているが、直接対決を制して上位進出のきっかけをつかみたい。

注目は打率.409で交流戦首位打者のビシエドだ。通算でも打率.312まで上げてリーグトップに立っている。9本塁打、33打点、OPS.876も同10位以内につけており、貧打に喘ぐチームをその打棒で牽引したい。
DeNA対広島

交流戦9勝6敗3分で過去最高に並ぶ3位で終えたDeNA。開幕から沈んでいた最下位からも脱出し、上位進出をうかがう。

DeNAは開幕投手も務めた濱口遥大が調子を上げてきた。11日の日本ハム戦では2年ぶりの完封勝利を挙げるなど、ここまで4勝4敗、防御率2.63。12試合中9試合でQSを達成するなど、安定した投球を見せている。

一方の広島は、新型コロナウイルスの影響で3勝12敗3分と苦しい交流戦となった。通算でも19勝32敗8分で-0.5ゲーム差の最下位に沈んでいる。

注目は3年目の大砲候補・林晃汰だ。交流戦前の5月18日に一軍昇格すると、ここまで18試合で打率.355、2本塁打、8打点でOPS.859と絶好調。苦しいチームの中でブレイクの兆しを見せている。

阪神対巨人

交流戦11勝7敗と貯金を増やし、通算でも39勝19敗2分の貯金20、2位・巨人に7ゲーム差をつけて首位を快走する阪神。

注目は12試合連続セーブの球団新記録を樹立したクローザー・スアレスだ。5月は12試合で防御率0.00、6月も5試合で1失点のみと安定感抜群。記録をどこまで伸ばすかにも注目だ。

一方の巨人は、ここまで30勝24敗10分の2位につけている。交流戦では7勝8敗3分と勢いに乗り切れず、阪神に離されてしまった。

注目は1番打者を務める松原聖弥。6月に入ってから打率.353、2本塁打、3打点をマークし、交流戦でも打率.300、2本塁打、5打点とよく当たっていた。逆転優勝へ向けて、文字通りチームを牽引する活躍を見せたいところだ。

コメント

・6連勝は大きかった。タイガースこのままぶっちぎり期待します!

・独走態勢整いました。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・【プレビュー】首位・阪神と7ゲーム差で2位の巨人が直接対決、最下位脱出したDeNAは6位・広島と対戦、ほか | セ・リーグ | プロ野球

カープDAZN

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・「控えでヒーローになろう」カープ中村奨成のフェンス直撃二塁打を後押しした選手会長・田中広輔の言葉

BEFORE「広島・広島の敏腕スカウトが説く新人の成功法則 森下、栗林に次ぐ今秋ドラフト注目株は?

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top