FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/18

広島・東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆が一発、広島東洋カープ・玉村昇悟がプロ初勝利 | セ・リーグ結果まとめ | プロ野球


引用元

6月18日、各地でプロ野球セ・リーグの試合が行われた。

東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズの試合は、ヤクルトが5-3で勝利し4連勝を飾った。横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの試合は、広島が7-4でDeNAを下した。最下位のDeNAと5位の広島のゲーム差は1.5に広がっている。阪神タイガース対読売ジャイアンツの試合は、阪神が7-1で勝利し7連勝となった。
ヤクルト対中日

ヤクルトは初回、村上宗隆の一発で2点を先制する。その後2-2で迎えた6回にはオスナの本塁打で3点を勝ち越し5-2とリードを広げる。投げては先発の石川雅規が6回2失点と試合を作ると、7回からは継投策で逃げ切った。石川は自身3連勝を飾っている。

中日は加藤翔平と堂上直倫の本塁打で2点差を追いつくも、その後が続かなかった。先発の柳裕也は6回途中5失点と試合を作ることができず今シーズン3敗目を喫している。

本塁打を放った加藤は、「打ったのはスライダーです。少しつまったので、スタンドまでどうかなと思ったのですが、いろんな人の気持ちがスタンドまで運んでくれたと思います」と話した。
DeNA対広島

広島は1-1で迎えた3回、2つの押し出し四球と林晃汰の適時打などで6点を奪い7-1と大きくリードを広げる。投げては先発の玉村昇悟が7回2失点の好投。プロ初勝利をマークした。

DeNAは先発の浜口遥大が乱調。3回途中7失点と試合を作ることができなかった。打線は12安打を放つも及ばず。今シーズン5敗目を喫した浜口は、「ボールのキレがなく、ゾーン内で勝負ができなかったです。序盤で降板となりチーム、中継ぎ陣に申し訳ないです」と冷静に振り返った。
阪神対巨人

阪神は2回、サンズの適時二塁打などで3点を先制する。つづく3回にはサンズが今度は満塁本塁打を放ち7-0。投げては先発の西勇輝が7回1失点と好投。8回からは及川雅貴、岩貞祐太とつないで逃げ切っている。西勇は今シーズン4勝目となった。

巨人は先発のメルセデスが3回途中6失点と試合を作れなかった。しかし3番手の戸根千明が3回無失点の好投。4番手の戸田懐生がプロ初登板で1回無失点と結果を出した。打線はウィーラーの適時打で1点を返すのがやっとだった。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆が一発、広島東洋カープ・玉村昇悟がプロ初勝利 | セ・リーグ結果まとめ | プロ野球

DAZN

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・「誠也の後の5番は大事」 広島再昇格の松山竜平、決勝押し出し四球選んだ

BEFORE「広島・佐々岡監督 プロ初勝利の玉村に「期待している中で良い投球をしてくれた」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top