FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/19

広島・広島東洋カープ・林晃汰が4安打4打点、中日ドラゴンズは連敗を3でストップ | セ・リーグ結果まとめ | プロ野球


DAZN

6月19日、各地でプロ野球セ・リーグの試合が行われた。

東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズの試合は、中日が7-3で勝利し連敗を3でストップした。横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの試合は、広島が12-11で乱打戦を制した。阪神タイガース対読売ジャイアンツの試合は、巨人が6-2で阪神を下している。
ヤクルト対中日

中日は2-3と1点ビハインドの4回、大島洋平の適時三塁打で2点を奪い逆転に成功する。5回にも1点を加えた6回には阿部寿樹の本塁打でさらに1点を追加し6-3。投げては先発の小笠原慎之介が5回3失点と粘り、その後は中継ぎ陣が無失点リレーを見せた。

小笠原は5勝目を挙げるも「2週続けてこういう不安定な投球になってしまい、申し訳ない気持ちです。野手の皆さんに感謝です。課題をしっかり克服できるように練習でやっていきたいです」と反省のコメントを残した。

ヤクルトは先発の小川泰弘が4回4失点と試合を作れず、2番手の大西広樹も2回2失点と流れを止めることができなかった。打線は山田哲人の本塁打などで3点を奪うも及ばず。
DeNA対広島

広島は初回、林晃汰の適時打などで3点を先制する。3-3の同点で迎えた3回には林の適時打と坂倉将吾の犠飛で2点を勝ち越すことに成功。その後、林の第3号、中村奨成のプロ初本塁打も飛び出すど17安打12得点と打線が爆発した。

投げては先発の森下暢仁が7回3失点で4勝目。9回に中継ぎ陣が7点を失ったもののなんとかリードを保ち逃げ切った。

DeNAは4-12と8点ビハインドの9回、宮崎敏郎の満塁本塁打などで7点を奪い1点差に詰め寄ったものの及ばなかった。先発のピープルズは3回途中5失点と試合を作れず。アクシデントで降板している。
阪神対巨人

巨人は1-1の同点で迎えた4回、大城卓三の本塁打で1点を勝ち越すことに成功。6回には坂本勇人の通算250号メモリアルアーチでさらに1点を追加する。8回には丸佳浩にも本塁打が飛び出した。投げては先発の戸郷翔征が7回2失点の好投で今シーズン7勝目をマークしている。

阪神は1-3と2点ビハインドの6回、佐藤輝明の本塁打で1点差に詰め寄るも、その後追い上げることができなかった。先発の伊藤将司は7回3失点と好投。しかし味方の援護なく今シーズン4敗目を喫している。

コメント

・林は3割切る寸前からV字回復したね。打点もすぐに鈴木を追い抜くぞ。本塁打も抜いてしまえ。明日は左腕、苦手にしてないようだし大道を助けてやってくれ。頼りない先輩が相手を勢い付けてるからな。

・広島に林晃汰というとんでもない怪物現る。
ヤクルト村上の時と同じような衝撃。将来が楽しみでならない。セリーグもパリーグに負けじとここ最近ワクワクさせてくれる選手どんどん出てくるね。
良い事だと思います。こういう若手が躍動してくるとプロ野球じたいが面白くなる。

・高橋乱調
堂林・上本の不味い守備で
圧勝で楽勝のはずが、使わなくて
良かった栗林投入で薄氷を踏む勝利。

高橋は抹消やね。

・とりあえず佐々岡監督、横山、永川両投手コーチ、倉バッテリーコーチ、堂林、高橋樹は2軍で再調整だな。
そしてウィークポイントの右の長打の打てる正随とクロンの1軍昇格を心より願う。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・広島東洋カープ・林晃汰が4安打4打点、中日ドラゴンズは連敗を3でストップ | セ・リーグ結果まとめ | プロ野球

カープ

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・20歳の林、チャンスで輝く 自身初の4安打4打点―プロ野球・広島

BEFORE「広島・佐々岡監督「反省しないといけない」失策、四球絡んだ九回7失点に苦言

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top