FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/20

広島・林晃汰が4安打4打点の活躍! 片岡氏「試合に出るたびに成長している」


ベースボールキング

◆ 20歳の大砲候補が躍動

 広島の林晃汰がプロ入り初の1試合4安打4打点を記録。チームはカード勝ち越しを決めた。

 広島は初回、2番・野間峻祥の二塁打などで二死1、2塁の好機を作り、5番・林が2点適時二塁打を左翼線へ運び先制。7番・西川龍馬も中前適時打で続き3点目を加えた。同点に追いつかれた直後の3回は、林が3打点目となる右前適時打を放ち再びリード。続く坂倉将吾の中犠飛で5点目を奪った。

 5回以降も1番・菊池涼介の7号ソロなどで加点し、7回は林が3号ソロを左中間席へ運び8点目。8回は代打・中村奨成がプロ初本塁打を左翼席へ運び9点目を奪った。9回にも8番・石原貴規の右犠飛、途中出場・羽月隆太郎の中前2点適時打でダメ押しとなる3点を追加。今季最多の17安打12得点と打線が爆発した。林は5回の第3打席にも左前打を放ち、プロ入り初の1試合4安打4打点を記録。三塁の守備でも6回、痛烈なライナーを横っ飛びで好捕するなど攻守両面で存在感を示した。

 19日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』で解説を務めた片岡篤史さんは「左方向に大きいのが打て、左投手に対しても判断ができている。バットの弓をしっかり引いてボールとの距離を取れている」と好調の要因を指摘。「今は試合に出るたびに成長して自信も持ってきていると思う」と称賛した。「守備でも泥臭く粘り強いプレーを見せているのでこういう気持ちでずっとやってほしい」とエールを贈った。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
BASEBALL KING

コメント

・確かに池谷さんも「広角に打てるのが彼の魅力」と言っていた。
今の感じでいけば首位打者や打点王も夢では無いかもしれない。

西川が以前「打撃の天才」と言われていた時期もあったがいずれは林がそう言われるようになって欲しい。ただテングにはなって欲しくは無い。

カープの若手はワクワクさせてくれる選手が増えた。
今は彼らを応援するのが楽しい!

・和歌山県岩出市出身の彼ですが、地元岩出の星です。
連日の活躍がとても嬉しいです。
カープの三塁が決まった感じですね。
今日も豪快なバッティングを期待してます。

・昨日の解説の槇原さんが「ピッチャーは打者の構えを見て、打ちそう、と直感で分かる。林選手はいかにも打ちそうな構え。」と言っていて、本当にその通り打ちまくった。

プロの見る目って凄いと思いました。

けど、本当に打つ林選手も本当に凄い。

・林ナイスバッティング。
林の成績
20試合、71打数、打率.408、ホームラン3、打点15、出塁率.532、長打率.592、OPS1.024
素晴らしい成績。特にOPS(出塁率+長打率)1を超えているのはヤクルトの村上のみ。
ちなみに打点西川24、鈴木、菊池19
ヤクルトの村上越えを狙える選手がカープに現れそう。
期待したい。

・林は素晴らしい。2軍でも打ってたのに、何で堂林や安部にこだわってたんだろう?小園ももっと早くあげてたら、今の順位じゃなかったはず。
佐々岡、河田の責任は重い。

・本来は中距離打者なんだろうけど、高校時代のとにかくぶん回すというスイングも今に繋がっていて、去年も突っ立った構えにしたり試行錯誤して今がある。
まだまだ完成形では無いと感じるし、今後の成長が一番楽しみな選手。守備も上達してきたね!

関連記事

この記事と関連する記事

広島・林晃汰が4安打4打点の活躍! 片岡氏「試合に出るたびに成長している」

カープ

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・林晃汰、6月の月間23安打は両リーグ最多/セ見どころ

BEFORE「広島・「あの夏を思い出す」 広島中村奨、美しい放物線を描いた待望のプロ初アーチ

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top