FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/21

広島・石原 待ってました!プロ1号&プロ初4安打 打てる捕手へ進化中


デイリースポーツ

 「DeNA10-8広島」(20日、東京ドーム)

 広島の石原貴規捕手(23)がプロ1号となるソロ本塁打を放った。五回、先頭で打席に立ち、外角のチェンジアップを力で右翼席へ放り込んだ。通算41打席目での待望の一発だ。「打てる捕手」を目指し、肉体強化に励むなどしてきた成果を示した。守備では2試合連続でスタメンマスクをかぶったものの計21失点。グラウンドで感じた課題などを次戦に生かしていく。

 右翼方向へグングン伸びた。体勢をやや崩しながらはじき返した打球は、失速しない。スタンドの最前列で白球が弾む。石原が通算41打席目で放ったプロ1号本塁打だ。

 「感触は良かった」

 五回の先頭だ。三振を狙いに来た外角チェンジアップが高めに浮いた。昨年オフには林らと鹿児島・鹿屋体育大学を訪れ動作解析などで打力や筋力の向上を図った。逆方向への一発はパワーと技術を示したものだ。

 八回は東京五輪の侍ジャパンに選ばれた山崎から左前へ運び、3点を奪って迎えた九回は中前適時打を放った。二回の安打を含め4安打もプロ初だった。

 「勝っている状況ならもっとうれしいのかな」。静かに言葉を紡いだ。2試合連続でスタメンマスクをかぶり10失点。11失点した前日を合わせ計21点を奪われた。だからこそ素直に喜べなかった。

 悔しかったのは、1失点して迎えた三回2死満塁でオースティンの満塁弾を被弾した場面と、伊藤光に走者一掃の3点二塁打を許した四回だ。

 「自分が出したサインで打たれている。良い球を投げてくれている中で、もっと生かす(良いところを引き出す)じゃないけど、打者にしっかり勝負していくところを出さないといけない」。球種の選択や構えたコース…。リードについて思いを募らせた。

 正捕手の会沢が「左下腿(かたい)腓腹筋挫傷」のため長期離脱を余儀なくされた。捕手は石原を含め坂倉、磯村、中村奨の4人態勢だ。首脳陣から守備力で高い評価を受ける。「期待に応えられていない。もっと自分の中で頑張らないといけない」と力を込めた。

 佐々岡監督は「安打でつなぐことができれば最後(4点を奪った九回)のような攻撃ができる」と打撃面を評価した上で「リード面でも、もっと勉強しないといけない」とさらなる成長に期待した。

 ベンチでは投手陣と積極的に会話をかわす姿が目立つ。石原は「チームが勝つことが一番、うれしい。それが一番」と言って顔を上げた。抑えた喜びも打たれた悔しさも糧にして、次戦のグラウンドに立つ。

コメント

① 捕手は守りが一番だ。評論家の批評では構えるのが速いとかいろいろと注文があるようだ。2試合続けて2ケタ失点は捕手の責任も大きい。カ-プは捕手を中村獎成で少しでもいいから続けて使ってもらいたい。何のためにドラフト1位で取ったのか。

② 中村奨が打つと石原も負けじと打つ。
チーム内でいい刺激になっていると思う。

中村奨はキャッチャーに拘りはあると思うが多くの打席に立つには今のような外野も経験する方が良いと思う。石原、坂倉、中村奨には多くの経験を。キャッチャーと言うポジションは時間が掛かると聞いた。曾澤ですら20代後半からだった気がする。

③ 流石に配球が酷すぎる。
前回會澤と組んで快投した大道が炎上したのもそうだし、栗林も彼と組まされるようになってから安定感を欠いたのは偶然ではない。
中村奨成がマスクを被ったのは5/30まで遡らなくてはいけなくて、その日はネバラスカスとかいう貧乏くじを引かされている
昨日も2出塁してるのに最後に代打出されたりと中村奨成の扱いは明らかにおかしい、何か裏があるとしか考えようがない

カープも次々と若手画出て来てますね。
文句ばかり言ってるニワカのカープファンは無視しといて構いませんので、3連覇した時のように近々また黄金期を迎えられるよう願ってます。

⑤ >佐々岡監督は「安打でつなぐことができれば最後(4点を奪った九回)のような攻撃ができる」

そんなことは小学生でもわかります。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・石原 待ってました!プロ1号&プロ初4安打 打てる捕手へ進化中

カープデイリースポーツ

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・【カープ】高橋昂が1軍練習に合流 近く再登録へ

BEFORE「広島・石原 待望プロ1号&初4安打!会沢離脱で“代役正捕手” 打で大暴れもリード面反省「次に生かす」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top