FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/23

広島・【カープ】松山が痛恨の悪送球、二塁から生還許す


中国新聞

【広島2―5ヤクルト】(23日、マツダスタジアム)

 広島東洋カープで4試合ぶりに一塁で先発した松山竜平が手痛いミスをした。2―1の三回1死一、二塁、一ゴロを捕った後、併殺を狙って二塁へ投げたが、センター方向へそれ、悪送球に。二塁走者の生還を許した。その直後、九里亜蓮がオスナに3ランを浴びて勝ち越されただけに、痛恨のミスとなった。

【スライドショー】カープ70周年 あの日あの時
中国新聞

コメント

スタメンに松山の名前を見たときいやぁな予感がしたんですが、やはり彼のエラーがすべてでしたね。ちゃんとした送球であればダブルプレーでチェンジ。ダブルプレーが無理だったとしても、2死1塁。九里のオスナに対するピッチングも違っていたでしょう。松山には申しわけないけれども、あのエラーが3ランホームランを呼び込んだと言っても過言ではない。それが試合の流れというもの。その裏の攻撃、坂倉の2塁打で1点差に迫ったあと、松山の打席。エラーの汚名挽回かと注目していましたが、撫でるようなバッティングで力のないセカンドゴロ。ベンチは「松山の守備には目をつぶって、打力に期待している」とのことですが、これじゃあまりにも割に合わない。昨夜の長野にしても、松山にしても、現況では代打の切り札が応分の役割だと思われるのですが、ベンチはそうは考えていないようですね。

松山はほぼ、毎回致命的なエラーをする。
その割には最近勝負所にも打てない。
スタメンに起用する首脳陣が悪い。若手の流れが来ているのでそれに逆らうことなく、中村、羽月、正髄にどんどんチャンスを与えて欲しい。
なんどもミスをする松山らはもう成長の見込みはないのだから、代打の切り札で!

覚悟、威厳、ビジョン、戦略、戦術、管理、規律、観察力、洞察力、勝負勘、気迫、ズル賢さ、決断力、勇気、執念、人望、凡事徹底、統率力、学習能力が全くない佐々岡らしい試合運びですね…涙
それでも監督に居座るのか…佐々岡さん

松山は守らせるとこういった致命的な
信じられないミスをします。
それを承知で守らせているのは首脳陣です。
また野間も宇草も無死二塁で
一番やってはいけない
内野フライと三振をします。
そういった選手を起用しているのも
首脳陣です。

捕手石原のリードがダメなのかと思ったら坂倉でも同じ、要するに大瀬良も含めて先発陣がクソ過ぎる。少し守備でエラーが出たくらいカバーしろよ。これだけ投手がヘタレならベンチの采配もへったくれも関係ない。



関連記事

この記事と関連する記事

広島・【カープ】松山が痛恨の悪送球、二塁から生還許す

カープ中国新聞

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・3連敗で借金14まで後退 先発・九里が7失点の誤算 ヤクルトは3連勝、大西が2勝目

BEFORE「広島・ロッテ佐々木朗希-ソフトバンク武田翔太ほか/24日予告先発

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top