FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 06/24

広島・運命の入団から4年。中村奨成がプロ初本塁打。それを生んだチームのある力とは。カープOB笘篠賢治氏がリーグ戦再開後の戦いを振り返る


広島アスリートマガジン

 鬼門と呼ばれる交流戦は最下位で終了するも、リーグ戦再開となった6月18日からのDeNA3連戦は勝ち越しスタート。若手選手の活躍が目立つチームの戦い方を、カープOBの笘篠賢治氏が考察する。

【写真】広島出身の甲子園のスターがカメラにガッツポーズ

◆成長著しいカープの若手野手の活躍が逆襲の鍵となる

 交流戦の反省を踏まえ、どのようにリーグ戦を戦うかというところで、6月18日~20日のDeNAとの3連戦は、点を取って打ち勝つことができたのは明るい兆しですね。6月20日の試合も敗れはしましたが、9回に4点を取って、“まだまだ諦めない”という気持ちを選手が見せてくれました。苦しかった交流戦が終わり、リーグ戦再開まで1日しか休みがなかったですが、リセットして気持ち新たに戦うしかないですからね。

 明るいニュースもありました。6月19日に中村奨成、翌20日には石原貴規にプロ初本塁打が出ました。中村奨はやっと出たという感じですが、年齢の近い若手たちが頑張っているなかでの相乗効果もあるのかなと思います。最近は代打での出場が多いですが、物怖じすることなく思い切ってプレーしていると感じています。

 石原も20日の試合は5打数4安打と大暴れでした。ただ、打撃は素晴らしいものを見せてくれましたが、捕手としては、少し点を取られすぎている部分があります。3回のオースティンの満塁本塁打も、防げた一発だったと思いますね。捕手としての経験不足を感じた場面でした。會澤翼が不在の今、スタメンマスクを被る機会が増えてくると思うので、捕手としてのリードをこれからもっと勉強していってほしいですね。

 同じ捕手でいくと、持ち味の打撃を活かすため、一塁手での出場が増えている坂倉将吾にも注目したいです。守っているとき、捕手として感じることもあると思うので、気になったときには捕手や先輩内野手に遠慮せず、投手に声をかけに行っていいと思います。野手として守っていると、捕手とは違う着眼点が生まれるのではないかと思います。一言でもいいので、自分の気づいたことを伝えるのは、自分のためにもなるし、投手にとっても有り難い部分があると思いますね。

 もう一人。打撃陣では、林晃汰の成長も著しいです。プロ初本塁打のときにも言いましたが、逆方向には見事な打撃を見せていて、あとはインサイドの捌き方が課題だと感じていました。最近の打撃を見ていると、インサイドを打つときのポイントが見違えるほど良くなりましたね。ライト方向に強い打球を打ち返すポイントを覚えつつあると思います。6月の成績が素晴らしいだけに、このまま調子をキープしてもらいたいですね。

 ペナントレースの行方はまだまだわかりません。諦めずに戦っていれば、きっとCSへの道も見えてきます。まずはオリンピックまでの約20試合、巻き返していけるように頑張ってもらいたいです。
広島アスリートマガジン編集部

コメント
① 守れない松山を代打に置き打撃が良く難しい球を捕球出来る坂倉を一塁にして石原と中村奨を捕手で起用した方が将来の為にも良いと思う。監督にお願いしたいのはもっと起用して経験を積ませて将来に繋げて欲しい。

② 前回良かった九里ともバッテリーを組ませてもらえずベンチに干されてるが、負けるなよ奨成!
今の駄目駄目首脳陣が退陣したら、きっと努力は報わられる。それまで必死に石に齧り付くくらいの気持ちで努力し続けてほしい。今の扱いはファンも辛いが本人はもっと辛いと思う。でも諦めず腐らず頑張れ!

③ 来年坂倉一塁コンバートは既定路線で。
第二の和田として成長して欲しいです。
奨成も外野手に。
で、林含めた3人でクリーンナップをレギュラーとして組んで欲しい。

④ 佐々岡と河田の二人は、なにが、気に食わないのか 中村を、使いません でも腐らずやっていたら 中村は、いい方向に行きます 今年で、佐々岡政権も終わりですね 最後に恥かくのは、佐々岡と河田ですから

⑤ 嫌われたくないからなのか、コメントがアバウトだな。何故勝てないのか理論的な説明が聞きたいな。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・運命の入団から4年。中村奨成がプロ初本塁打。それを生んだチームのある力とは。カープOB笘篠賢治氏がリーグ戦再開後の戦いを振り返る

カープ広島アスリートマガジン

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・「課題から目をそらさない」カープ高橋昂也が7度目の先発マウンドへ。ヤクルト戦の連敗ストッパーとなれるか

BEFORE「広島・西武内海哲也10日以来の実戦登板で3回2失点/投球詳細

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top