FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 07/04

広島・外野争いは熾烈だが…広島・野間峻祥に他球団007「能力を考えれば打率3割、20盗塁はできる選手」


週間ベースボールマガジン

 最下位に低迷する広島だが、小園海斗、林晃汰、中村奨成、宇草孔基、羽月隆太郎と若手の成長株たちが一軍で台頭している。その中で、意地を見せているのがプロ7年目の28歳、野間峻祥だ。

【選手データ】野間峻祥 プロフィール・通算成績・試合速報





 今年は開幕二軍スタートだったが、5月18日に一軍昇格。6月以降は中堅でスタメン出場の機会が増え、6月30日の巨人戦(東京ドーム)ではノーヒットノーランに抑えられていた山口俊から8回一死の場面で149キロの直球を振り抜き、1号右越えソロ。値千金の一撃が決勝アーチになった。

 他球団のスコアラーは「足が速くて強肩、打撃もパンチ力がある。身体能力を考えれば、打率3割、15本塁打、20盗塁をマークできるし、バリバリのレギュラーとして活躍していても不思議でない選手です」と高く評価する。

 野間がブレークしたのはプロ4年目の18年。丸佳浩が負傷離脱した際に中堅を守るなど初の規定打席に到達して打率.286、5本塁打、46打点、17盗塁をマーク。シーズン終盤は打撃不振の田中広輔に代わって一番打者を務め、リーグ3連覇に大きく貢献した。丸が同年オフに巨人にFA移籍したため後継者として期待されたが、19年は123試合出場で打率.248、2本塁打、16打点、14盗塁と成績を落とし、昨年は70試合出場と徐々に出場機会を減らす。結果を出さなければいけないという焦りから打撃フォームに迷いが生じ、思い切りの良さが影を潜めていた。

 広島OBで16年からのリーグ3連覇に大きく貢献した野球評論家の新井貴浩氏は、昨年3月に週刊ベースボールのコラムで、野間について次のように語っている。

「2015年にドラフト1位で入ってきて、ファンの皆さんからの期待も大きい。私自身、初めて彼を見たときに『すごいポテンシャルの高い選手だな』と思いました。走る姿を見て、そのスピードに、まずはびっくり。バッティングに関しても、しっかり飛ばす力もあると感じていました。ただ、ここ数年は少し『こじんまりし過ぎて、もったいないな』という印象を持っていたのも事実です。彼にはホームランを15~20本くらい打つ力があると思っています。足が速いからと言って、当てにいくようなバッティングはしてほしくない。もっと大きく構えてゆったりタイミングを取って、強いライナーを右中間、左中間へはじき返す。その打ち損じが時に内野安打になっていくようなイメージです」

外野争いを勝ち抜けるか

 さらに「もともとはそういうバッティングだったんですが、結果が出ないことで、だんだんと小さくなっていってしまったのでしょう。野間自身、カベに当たって苦しんでいるのは感じていたでしょうし、私としては、あとは本人がどう感じて、どういうふうに周りのアドバイスを聞きながら、消化しながらやっていくのかなと思って見守っていました」と続けた。

 外野の定位置争いは熾烈だ。公私で仲が良い鈴木誠也、西川龍馬はレギュラーを確保し、残りの1枠を宇草、羽月、長野久義、松山竜平らと競う。若手やベテランがひしめく中、野間にも意地がある。年齢を考えれば、ここから脂が乗り切る時期だ。中堅の定位置をつかめるか。毎日の1打席1打席が重要になる。

写真=BBM
週刊ベースボール

コメント
① 確かに身体能力からすればそれくらいの成績を残してもおかしくはないが、残念なことに圧倒的に野球脳に欠けるのがもったいない。

緒方監督が可愛さ余って監督室で叱咤したくなるのもわからんでもない。

② 記事にある通り「身体能力」は高いのだが、野球脳が無さすぎる。何も考えていない打撃。観察眼の無い盗塁センス。昨日もインコース同じ球を2度ファール打たされて2ストライク。外を打って強いショートゴロゲッツー。山口からは良く打ったと思うが、反射神経で野球やるタイプは勝負では使えないよ。

③ 鈴木選手、野間選手、西川選手が定着して安定した打撃成績を残してくれたら強くなれますよね。
大盛選手や宇草選手も出てきて欲しいし、高橋選手も頑張って出てきてほしい。

④ 野間だけじゃなくカープは選手の能力に合った指導がなされてない。みんな伸び悩んでいる。名伯楽がいない。いたら凄いことになっているチームだと思う。野間には確かに当てるだけのバッティングをさせてはならない。また足があるのでたまにでいいからバントヒットを狙うといい。アウトになっても相手バッテリーや内野手は次回からまたやってくるかもと思ってくれる。カウントを悪くして甘い球が増えるはず。そこで思い切り良く振り切るバッティングしたらいいのだ。また多くのピッチャーに言えることはかわすピッチングが多い。打ってみやがれと開き直った球を見せて欲しいものだ。せいぜい3割しか打たれないのに、逃げの投球でカウントを悪くして四球、それが嫌でストライク取りに行って痛打を喰らう。いつものパターンなのだ。特に若い投手陣にこの傾向が強い。観ているファンも四球四球は一番腹が立つ。負けるのは仕方ないが負けに行くのは我慢ならない。

⑤ というか能力が無い選手がプロに入れる程甘くは無いし、スカウトだってそんな選手を球団に獲得するように進言し、球団側も契約金で数千万~1億円以上払い、活躍出来なくても数年間は数百万~数千万円の年俸を払わないといけない。

結局はその能力を活かせるか活かせないかは本人次第かと。

それが活かせないからドラ1で入団して7年目の選手ながらこんな感じになっているわけだし。

とはいえ二軍に目を向けると高橋大樹や桒原あたりは野間以上に首筋が寒いかな。

もう若手で体力作りっていう歳でも無いし、下で圧倒的な結果を出さない事には上げようが無いしね。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・外野争いは熾烈だが…広島・野間峻祥に他球団007「能力を考えれば打率3割、20盗塁はできる選手」

カープ週間ベースボール

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・森下暢仁―阪神・秋山拓巳…スタメン発表

BEFORE「広島・石原慶幸氏が指摘 広島・大道は投手優位のカウントを作ることで良さ生かせる

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top