FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 07/05

広島・このまま菊池涼介を1番で起用すべきか。キーマンが活きる打順をカープOB笘篠賢治氏が提言


広島アスリートマガジン

 若手と主力がうまく融合していくことが、今後の試合の鍵を握るカープ打撃陣。7月以降の戦いに向けて、ポイントになるのはどういった部分か。カープOBの笘篠賢治氏が独自の目線で分析する。

【写真】菊池が入寮時に持ち込んだ“らしい”アイテム





◆打線のキーマンを何番で起用すべきか

 林晃汰や小園海斗などの若手を積極的に起用するなど、オーダーにもバリエーションが出ています。ただ、菊池涼介の打順を1番から動かさないのが気になっています。

 6月の菊池の打席を見ていると、菊池涼介の打順を考えるタイミングが来ているのではないかと思いますね。3割を超える打率をキープしていましたが、新型コロナウイルス陽性判定を受けて離脱以降、調子が少し下降気味です。

 また打者には『数字の魔力』というのがあります。高打率をキープしたままだと自然と打席での集中力も高まりますが、例えば、打率が3割から2割台に落ちると、本人が意識していなくても集中力を保ちにくくなるものです。

 菊池の打撃が本来のものではないと首脳陣が感じるのであれば、もう一度、『2番』に戻すのも一つの方法だと思いますね。バントもエンドランもできて長打も狙える、何でもできる『つなぎの2番打者』を担えるのは、今のカープでは、菊池以外考えられません。

 野間峻祥が良い感覚で打てていますし、西川龍馬を1番で打たせてみるのも面白いのではないかと思います。CS圏内の3位・ヤクルトまで、まだまだゲーム差はありますが、戦力を有効的に活用すれば上位は十分狙えると思います。まずは一つ上の順位を目指しながら、カープらしい野球をみせてもらいたいですね。
広島アスリートマガジン編集部

コメント
① 私は菊池選手の送りバントの一塁全力疾走のプレーが大好きです。アウトかもしれないのに全力で走る。とても感銘を受けます。これこそ広島野球だと思います。

② 多くのファンが2番菊池の方がしっくりすると思っているでしょう。1番と4番の選手は選ぶのは難しいけど、4番誠也で3番小園、5番坂倉、6番林が固まっているなら、2番菊池にして、トップスバッターを野間か、西川に決めて、7番をどちらかにすれば、コロコロ変わって落ち着きがなかった打順がドッシリと決まり、各人の役割も明確にすることができる。三連覇の時のように。

③ 今のカープで一番も二番もベストは菊池でしょうね。
菊池が二人いれば良いのだが、どちらかってなると笘篠氏に賛成。

一番は菊池を10とすると野間や西川でも5以上は期待できる。
それが二番となると誰が打っても菊池の足元にも及ばない。
二番は難しい。バント・右打ち・盗塁を助けたり、やることが多い。
それらを全てこなしながら、二桁本塁打や三割に近い打率を残せる選手は世界中探してもなかなかいない。

菊池ほど上手い二塁手がいないのは周知されてるが、菊池ほど優秀な二番打者も珍しいですよ。

④ 昨日の試合のような打席での粘り、何とか出塁しようとする姿勢が継続するなら野間1番もアリだと思います。
昨日の阪神投手陣も一塁に野間がいる状況を相当嫌がってるようでしたし

⑤ 菊池の思いはさておき、やっぱり菊池は2番がいいように思います。バント、エンドラン、強攻、どれもできるし、他チームからしたら悩ましい存在になるはず。
小園を1番、坂倉3番というのがいいと思うのですが、最近の野間は粘れるようになった。シチュエーションによってもう少し強く振れるようになれば良い1番になれそう。
西川と中村はレフトに固定して競争させて、林のあとを打たせたい。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・このまま菊池涼介を1番で起用すべきか。キーマンが活きる打順をカープOB笘篠賢治氏が提言

カープ広島アスリートマガジン

スレッドテーマ : 2chまとめブログ ジャンル : ブログ

(0)TB(0)

AFTER「広島・栗林が球宴初選出!「結果残せたから選んでもらえたと思う」「吉田正尚さんと対戦したい」

BEFORE「広島・石原慶幸氏が指摘 広島中継ぎ陣に経験豊富なフランスアが加わったことは大きい

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top