FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 07/14

広島・悔しい「二刀流」…捕手と一塁併用でキャリアハイの打撃成績でも、カープ坂倉将吾が目指すはあくまで「捕手一本」


Number Web

 日本が生んだ「二刀流」が全米を驚愕させている今年、広島では捕手と一塁の「二刀流」がじわじわと存在感を増している。若返る打線の中で、中軸にどっしりと座るその選手は坂倉将吾だ。

【貴重写真】ヤンチャそうな黒田と大瀬良、鈴木誠也の高校時代。ガリガリな広島商時代の柳田ら名選手80人超が球児だった頃

 一時は最下位に沈み、前半戦から世代交代を推し進める広島で、6月9日からスタメン出場を続ける。ポジションは指名打者、捕手、一塁。交流戦明けは捕手と一塁でのスタメンが続く。6月22日からは5番に固定された。打率.309、3本塁打、22打点。OPS.798は中軸1年目としては合格点だろう(7月12日時点・データは以下同様)。安打数と本塁打数はすでに昨季のキャリアハイに並び、前半戦だけで昨年の自己最多打席数を超える勢いだ。

 試合に多く出場できることは、選手にとってこの上ない喜びであろう。ただ、捕手としての現状には、坂倉は奥歯を噛みしめざるをえない。正捕手の会沢翼が戦列を離れる中、絶対的な1番手捕手となりきれないからだ。

 昨年は会沢の60試合に次ぐ47試合で先発マスクを被った。今季も会沢に次ぐ2番手捕手と期待され、開幕から森下暢仁、九里亜蓮という先発の柱とバッテリーを組むなど、首脳陣の期待も高かった。
捕手一本で起用されない悔しさ

 だが、5月に会沢が下半身のコンディション不良で戦列を離れた間、坂倉の先発マスクの数は増えなかった。今年一軍デビューし、首脳陣から守備能力を高く評価される石原貴規に先発を譲った。経験がものをいう捕手というポジションで、自分よりも経験の浅い同世代捕手の台頭に危機感が募る。

 さらに、坂倉がスタメンマスクを被った試合終盤、僅差の場面で石原が“抑え捕手”に起用されることもあった。長いイニングを守り抜く負担を軽減する意図があるにせよ、代えられる立場としては忸怩たる思いがあっただろう。

 捕手と一塁の「二刀流」といえば聞こえはいいが、実質は捕手として立場を確立できなかったともいえる。

 当然、悔しさはある。自分自身に対する怒りもある。ただ、「どこかで受け入れてしまっている自分がいる」とも言った。捕手としての現在地を冷静に見つめ、課題や修正点と向き合っているからこそ、受け入れるしかなかった。

 会沢が再び離脱した6月16日以降、広島のスタメンマスクを被ったのは、石原が10試合、坂倉が8試合、磯村嘉孝は4試合。気付けば森下は石原、九里は磯村と組み、坂倉は会沢とバッテリーを組んでいた大瀬良大地と組んでいる。

 日替わり先発起用に首脳陣は「競争」と口にするが、チームとしての会沢に次ぐ正捕手の育成のビジョンは見えづらい。そんな状況も、坂倉自身が首脳陣の信頼を勝ち取れなかったことが遠因と捉えられる。

 目の前に立ちはだかる壁は、一足飛びに超えられるものではない。やれることは、目の前のことに集中することしかない。捕手としての出場数が増えない中、開幕から安定していた打力の評価は高く、一塁での出場を増やした。

 2番手捕手と期待された今春のキャンプでは、捕手の練習しかしていない。一塁の練習を始めたのはシーズン開幕後の4月6日から。外野に挑戦した19年とは捕手としての経験値が違うものの、一塁を受け入れるしかない。「自分ができることをやるしかない。そこに100%集中したい」。ポジションも、打順も、自分で決めることはできない。

心はいつも捕手ひとすじ

 昨季まで打率を下げる要因となっていた苦手左腕に対し、今季は右投手時よりもややオープン気味に構えることで対策した。今季対左投手の打率は右投手の打率.287を上回る.362。シーズン打率3割超と、打者としての成長の跡は見える。

 坂倉の姿に、河田雄祐ヘッドコーチは「俺には高木大成にみえるんだよな」と、以前所属していた西武で捕手出身ながら一塁手で中軸を任された中心選手の姿を重ねている。

 坂倉は一塁手として防具を付けていなくても、心と頭は捕手として守っている。「捕手がマウンドに行ける回数は限られるから」と、捕手ならではのタイミングで投手に歩み寄り間を取る。声をかける。マスクを被る石原や磯村の配球も頭に入れる。ショートバウンドの送球を安定して捕球するハンドリングは捕手練習のたまものだろう。

 ファーストミットはまだ、曽根海成に借りた物を使っている。「使いやすいんで」と言うものの、そこににじむのは捕手としてのプライドだ。二刀流として存在感を増す日々も、真の一刀流となる日を信じ、捕手道を歩んでいく。
(「炎の一筆入魂」前原淳 = 文)

関連記事

この記事と関連する記事

広島・悔しい「二刀流」…捕手と一塁併用でキャリアハイの打撃成績でも、カープ坂倉将吾が目指すはあくまで「捕手一本」

(0)TB(0)

AFTER「広島・森下暢仁は中日戦2勝0敗、防御率1・42 被本塁打なし/セ見どころ

BEFORE「広島・坂倉を石原慶幸氏称賛「4番の後ろにフィット」も「捕手としてのこだわりを」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top