FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 07/15

広島・【広島】五輪組の森下暢仁・栗林良吏が完封リレー…セ界斬りから世界斬りの舞台へ


スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 広島2―0中日(14日・マツダスタジアム)

 課題も吹き飛ばし、準備は整った。侍ジャパンの先発の一角と期待される森下が8回5安打無失点の好投で、前半最後の登板を締めた。自身3連勝で6勝目。「1点を守り切らないといけないと思った」と投手戦を制し、五輪へ万全をアピールした。

 好投の要因を「立ち上がり」と即答した。過去3試合連続で失点した初回を3者凡退で滑り出すと、ピンチで球速を上げた。2回は1死二、三塁から阿部、木下拓に150キロ台を連発。6回2死二塁のビシエドは外角低めの150キロで見逃し三振を奪った。明大で3学年上の柳と今季初対決。昨年2度の対戦で1勝ずつを分け合った先輩に「意識はします」と投げ勝ち、チームを今季初の4連勝と同一カード3連勝に導いた。

 試合前には鈴木誠、菊池涼、栗林とともに侍4人衆が佐々岡監督に呼ばれた。「日本代表であり、カープの代表。4人で貢献して金メダルを」。指揮官の願いを胸に、お立ち台で「日本代表としてチームの一員になって、金メダルを取れるように」とファンにも約束した。17日の第2戦(楽天生命)の登板が予想される球宴の後は、いよいよ日の丸。完璧な“出陣式”だった。

(安藤 理)
報知新聞社

関連記事

この記事と関連する記事

広島・【広島】五輪組の森下暢仁・栗林良吏が完封リレー…セ界斬りから世界斬りの舞台へ

(0)TB(0)

AFTER「広島・広島の小園が2年ぶりの一発! 達川氏「一打席一打席の執念を感じます」

BEFORE「広島・6勝目の広島・森下 柳を目指した原点は“喫茶店”での明大入学決意 恩人との投げ合いでは防御率0・39

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top