FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 07/16

広島・プロ野球オールスター第1戦、激戦の末セ・リーグが逆転勝利 広島・菊池涼介が2ラン含む4安打の大活躍


ベースボールチャンネル

<マイナビオールスターゲーム2021・第1戦>
セントラル・リーグ 5ー4 パシフィック・リーグ(16日・メットライフドーム)

【表】セイバーメトリクスの視点で見るNPB歴代最強打者ランキング一覧

 「マイナビオールスターゲーム2021」の第1戦が16日、メットライフドームで開催。試合は激戦の末、5-4でセ・リーグが勝利した。

 パ・リーグは山本由伸投手(オリックス)、セ・リーグは高橋優貴投手(巨人)の両先発で始まった第1戦。初回の山本は、阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明内野手から空三振を奪うなど150キロ超の速球を連発し、三者凡退に抑えた。一方の高橋も、緩急を駆使した投球でパ・リーグのパワーヒッターたちを3人で断った。

 試合が動いたのは2回、山本がこの回も三者凡退で切ると、その裏、パ・リーグは先頭の4番・吉田正尚外野手(オリックス)が両チーム通じて初安打で出塁。続くレオネス・マーティン外野手は四球を選び一、二塁とすると、試合前に行われたホームランダービーでも決勝進出を決めた6番・山川穂高内野手(西武)が左中間を破る2点適時二塁打で先制点を挙げた。

 パ・リーグはさらに3回、2番手の戸郷翔征投手(巨人)から3番ブランドン・レアード内野手(ロッテ)がレフトスタンドへ特大のソロ本塁打を放ち、リードを広げた。

 反撃に転じたいセ・リーグは5回、3番手の上沢直之投手(日本ハム)から先頭の菊池が安打で出塁すると、8番・梅野隆太郎捕手(阪神)も右翼線への安打を放ち、失策も重なって菊池が一気に生還。9番・近本光司外野手(阪神)も左翼へ適時打を放った。さらに、1番・坂本勇人内野手も安打と4連打の猛攻で1点差に迫った。

 セ・リーグはさらに6回、続投の上沢から先頭の4番。・岡本和真内野手(巨人)が安打でチャンスメイク。さらに岡本は、2死後に二盗を決めると、7番・菊池にレフトスタンドへの逆転2ランが飛び出し、試合をひっくり返した。

 対するパ・リーグは7回、6番手のスコット・マクガフ投手(ヤクルト)に対し、2死から途中出場の中村奨吾内野手(ロッテ)、小深田大翔内野手(楽天)の連続安打で一、二塁のチャンスを作ると、同じく途中出場の荻野貴司外野手(ロッテ)の遊撃内野安打に失策が重なり、同点に追いついた。

 同点のまま迎えた9回、セ・リーグは6番手の益田直也投手(ロッテ)から先頭のゼラス・ウィーラー内野手(巨人)が安打を放つと、続く菊池がこの日4本目となる安打でチャンスを拡大。続く中村悠平捕手(ヤクルト)は犠打、近本は申告敬遠で1死満塁の絶好機を迎え、佐野恵太外野手(DeNA)は空三振に倒れたが、中野拓夢内野手(阪神)が四球を勝ち取り、1点を勝ち越した。

 その裏、セ・リーグのマウンドには8番手のロベルト・スアレス投手(阪神)。1死から安打を許したが、安定した投球で試合を締め、第1戦は5-4でセ・リーグが勝利を収めた。
ベースボールチャンネル編集部

関連記事

この記事と関連する記事

広島・プロ野球オールスター第1戦、激戦の末セ・リーグが逆転勝利 広島・菊池涼介が2ラン含む4安打の大活躍

(0)TB(0)

AFTER「広島・2年ぶり球宴、MVPは広島・菊池涼 逆転弾含む4打数4安打、セ・リーグが競り勝つ

BEFORE「広島・MVP決まり!? 広島・菊池涼 逆転2ランで6回に早々と猛打賞達成 9回には4安打目で広島勢初の快挙

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top