FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 07/17

広島・菊池涼、東京五輪へ号砲4安打 「金」取りの前にMVP取った~/球宴


サンケイスポーツ

マイナビオールスターゲーム第1戦(16日、全パ4-5全セ、全セ1勝、メットライフ)懐かしい景色が、息を吹き返す力をくれた。一時勝ち越しとなる2ランを含む4安打と大暴れした全セ・菊池涼(広島)が、MVPに選ばれた。

「小さいころから自転車で来ていたし、思い出に残る球場だった。(MVPは)最高です」

2-3の六回2死一塁。シーズン1盗塁の一走・岡本和(巨人)が意表を突く二盗を決め、好機を拡大した。「和真がいきなり、ふいの盗塁を見せてくれたので、気が楽になった」。上沢(日本ハム)の甘く入ってきた直球を一閃し、左翼席に運び去った。

「(ベンチでは)『MVPあるよ』と、そんな声ばかりでした。思い出深い場所で取れたことはうれしい」

2014年から7大会連続で出場しているが、これが初アーチ。三、五回にも安打を放つと、4-4の九回無死一塁では右前打でつないで勝ち越しを演出した。メットライフドームに隣接する東京・東大和市の出身とあって「ほぼ地元」。少年時代から何度も足を運んだ球場で賞金300万円をゲットし「(使い道は)帰って熟考したい」と笑みを浮かべた。

3、4月は打率・352と絶好のスタートを切った。しかし、5月に新型コロナウイルスに感染して一時離脱。6、7月に調子を落とした時期もあっただけに、MVPという結果に「申し訳ないというか、まさか」と本音ものぞかせたが、日本代表に選ばれた東京五輪にも弾みになりそうだ。

「コロナ禍で、新しい観戦ルールの中で難しいところもあると思いますけど、皆さんの前でプレーできてよかったです」

2年ぶりに開催された球宴に、その意味をしっかりと感じた。東京五輪でも、野球の力で日本を元気にする。


データBOX
◉…全セ・菊池涼(広島)が1本塁打を含む4安打。球宴で1試合4安打以上を放ったのは、2019年第2戦の近本光司(阪神、5安打)以来2年ぶり19人目(21度目)で広島の選手では初めて。先発7番打者が4安打したのは、1975年第2戦のマルカーノ(阪急)、08年第2戦の内川聖一(横浜)に次いで13年ぶり3人目。本塁打を含む4安打は菊池涼が初めて
◉…広島選手のMVPは15年第2戦の会沢翼以来6年ぶり11人目(13度目)

関連記事

この記事と関連する記事

広島・菊池涼、東京五輪へ号砲4安打 「金」取りの前にMVP取った~/球宴

(0)TB(0)

AFTER「広島・誠也 無安打も球宴を満喫「楽しめたので良かった」 17日は“3年連続弾”の期待かかる

BEFORE「広島・鈴木誠也「年下の選手が多かったので新鮮」3年連続アーチは持ち越し

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top