FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 07/20

広島・逆方向への力強い打球が増えた秘密とは。カープOB笘篠賢治氏が西川龍馬の進化した打撃を解説


広島アスリートマガジン

 誰もが認める抜群の打撃センスを持つ西川龍馬。今季は、巧みなバットコントロールに加え、逆方向への長打も目立っている。前半戦、思うような結果が残せなかったとはいえ、西川の存在はカープ打線に欠かせない。復調が待たれる西川の今季の打撃について、カープOBの笘篠賢治氏に話を聞いた。

【写真】旧広島市民球場の『カープうどん』売り場。この薄暗い感じが懐かしい

◆逆方向への力強い打球を生む下半身の強さに注目

 今季の西川は逆方向に強い打球を飛ばしている印象があります。逆方向への一打で印象に残っているのは4月2日のDeNA戦(横浜スタジアム)で左腕の濵口遥大から放った豪快な本塁打です。あの一打は見ていて本当に驚きました。

 左投手を苦にすることなく、体重を後ろに残した状態でしっかりとバットを振り切り、レフトへ力強い打球を飛ばしていました。また、4月24日の巨人戦(東京ドーム)でもビエイラから左翼席に本塁打を放つなど、今季は左方向への目を引く打球が増えている印象があります。

 特に濵口からの本塁打は、下半身の力を最大限利用しないと打てない打球だと思いますね。昨季の右足手術をきっかけに、例年以上に下半身を鍛え、体を強くしたのでしょう。タイミングの取り方やバットの軌道は、昨年と比べて、そこまで大きな変化は見えませんから、今季の西川の活躍の鍵は下半身の使い方と言ってもいいでしょう。バットコントロールは天下一品ですから、そこに下半身の力強さが加わることでどんな進化を見せてくれるか楽しみです。

 前半戦を終えてチームとしては負け越していますが、6月後半から西川の状態は上がってきていると感じるだけに、後半戦も1打席1打席を無駄にしないように、集中力を持ってプレーしてほしいと思います。
広島アスリートマガジン編集部

コメント
① やはり西川選手、誠也選手がチャンスで打てるようになると打線の破壊力が格段に上がる。
小園選手、林選手、羽月選手や奨成選手といった若手の台頭に、中堅、ベテランが実力通りの活躍をしてくれれば、得点力不足も解消されて反攻にも期待できると思う。
まだ61試合あるし、上位進出を目指して頑張ってもらいたい。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・逆方向への力強い打球が増えた秘密とは。カープOB笘篠賢治氏が西川龍馬の進化した打撃を解説

(0)TB(0)

AFTER「広島・広島カープ初の日本一『江夏の21球』から42年─。衣笠祥雄が江夏豊と交わした「忘れ難き言葉」とは?

BEFORE「広島・菊池涼 国際大会に強い男が語る活躍の秘けつは「自分らしくいること」 打席では「思い切り良く」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top