FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 07/31

広島・【侍ジャパン】先発の広島・森下暢仁が初回に先取点献上 負ければ3位通過濃厚


スポーツ報知

◆東京五輪 野球 1次リーグ メキシコ―日本(31日・横浜)

 侍ジャパンは初戦だった28日のドミニカ共和国戦(福島)では苦しみながらも、サヨナラ勝ち。2点ビハインドで9回を迎えたが3点を奪い、最後は坂本(巨人)がタイムリーを放って白星発進となった。勝てば1次リーグ1位通過が決まる一戦。負ければ3位となることが濃厚という重圧のかかる中、先発のマウンドには森下(広島)が上がった。

 先攻の侍ジャパンは初回、先頭の山田(ヤクルト)が四球を選んで出塁。続く坂本が空振り三振に倒れたが、山田が二盗を成功させて1死二塁の好機を作った。得点圏に走者を置いてクリーンアップを迎えたが、メキシコ先発左腕・オラマスの前に吉田正(オリックス)が左飛、鈴木誠(広島)が右飛に倒れて先取点を奪えなかった。

 直後の1回裏。横浜スタジアムではプロ入り後16イニングで自責0という相性のいい森下は、先頭のロドリゲスに右前安打を許すと、暴投で無死二塁のピンチを迎えた。2番のエリサルデは左飛に抑えたが、1死二塁からメネセスに中前適時打を浴びて先取点を献上。だが、続く4番のA・ゴンザレスは二併打に打ち取って追加点は許さなかった。
報知新聞社

関連記事

この記事と関連する記事

広島・【侍ジャパン】先発の広島・森下暢仁が初回に先取点献上 負ければ3位通過濃厚

(0)TB(0)

AFTER「広島・【侍ジャパン】広島・栗林が五輪初勝利に続いて初セーブ「必ずゼロで抑えて帰るぞって気持ちで」

BEFORE「広島・カープで出会った00世代の4人の野手。一軍デビューを果たせていない中神拓都が描く昇格ロード

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top