FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 08/01

広島・広島の守護神から日本の守護神へ。重圧と戦い続ける栗林良吏の思考術。9回の儀式に込めた思い


広島アスリートマガジン

 悲願の金メダルを目指す侍ジャパンが連勝でA組1位通過を果たした。7月31日に行われたメキシコ戦は、3点リードの9回に栗林良吏が登板。カープの守護神が、日本の守護神としてマウンドにあがり、相手打線を三者凡退に抑え、日本に勝利をもたらした。

【写真】カープ“伝説のシーン” 漢気右腕がマウンド前でひざまづき涙

 ここでは、新人ながら大車輪の活躍を続ける栗林が、今年のペナントレース開幕直後に本誌の独占インタビューで語った声を厳選して取り上げ、重圧のかかるマウンドに挑む栗林の思いに迫る。

◆エース直伝のカットボールと永川コーチ直伝のフォーク

─春季キャンプから一軍。先輩投手と過ごしたことで、多くのことを吸収できたのではないですか?

「そうですね。大瀬良(大地)さんと森下(暢仁)にはカットボール、永川投手コーチと横山投手コーチからはフォークボールの投げ方や使い方、投げる時の意識の仕方などを教えてもらいました。この他にもたくさんの方からいろいろなアドバイスをいただきました」

─カットボールはシーズンに入ってからよく投げられています。アドバイスを聞いたことで、どんな部分が良くなったと感じていますか?

「球の軌道でイメージしているのは、真っ直ぐに近い曲がりをする大瀬良さんや森下のカットボールです。この球を自分のものにできれば投球の幅が広がると思ったので教えてもらいました。しっかりと投げ切ることができれば、打者の手元で曲がるイメージ通りの球になりますが、球数が多くなってきたり、投げ急ぐとスライダーに近い曲がりのカットボールになることもあります。ただ、イメージする球は多くなってきたので、徐々に良くなっているのかなと思います」

─落差をつける必要のあるフォークボールについてはどうでしょう?

「フォークボールの使い方については永川投手コーチにたくさん教えてもらいました。今まで自分は、低め低めの意識で投げてきましたが、漠然と低めに投げるのではなくて、ストライクゾーンの中でもちゃんと落ちていれば、打者は嫌がるよと教えていただき、低めに投げるだけではなく、落として低めにいく意識も持つようになりました」

◆佐々岡監督の言葉が背中を押した

─キャンプ、オープン戦と順調に結果を残したことでクローザーに抜擢されました。佐々岡監督からはいつ、どういった言葉で指名を受けたのですか?

「オープン戦最後の対戦カード、ソフトバンクとの三連戦初戦の試合前に、佐々岡監督に呼ばれて『今シーズンはクローザーをやってもらう』と伝えられました。また、『結果が出ても結果が出なくても、責任は俺がとるから全力でやってくれ』と言っていただき、その言葉は自分の大きな励みになりましたね。ただ、その言葉に甘えたらいけないと思うので、シーズンが終わった時に、佐々岡監督に“クローザーを任せて良かった”と思ってもらえるように頑張ります」

─永川投手コーチもプロ1年目からクローザーに抜擢され結果を残されました。クローザーとして投げるうえで永川投手コーチからどういったアドバイスがありましたか?

「フォークボールの使い方もですが、メンタルを整えるという意味で準備の大切さは何度も教えていただきました。今年は特別ルールの関係で、クローザーが投げるのは9回とほぼ決まっています。登板が回ってくる順番は分かっているので、最終回から逆算して、ルーティンなどを含めてしっかり準備していこうということをアドバイスいただきました。打たれたらチームの勝ちも先発投手の勝ちも消える可能性が出てくる責任感のあるポジションなので、最低限準備だけはしっかりしようと心に決めています」

◆“お願いします。抑えさせてください”とお辞儀をしながら神頼み

─重圧という面ではドラフト1位というプレッシャーも感じる時があるのではないかと思います。そういった期待とはどう向き合っていますか?

「いまはドラフト1位の重圧は全くありません。クローザーを任された以上、自分が抑えたらチームが勝ち、同点の場合だとチームは負けません。チームに黒星をつけないのが自分の役目です。負けをつけられない重圧はもちろんありますが、頼もしい先輩方がたくさんいるので、バックを信頼し、チームメートやファンのみなさんの思いを力に変えて、チームの勝利に貢献していきたいと思っています。重圧と捉えるのではなく、“期待に応えたい”という意識でマウンドに上がるように心がけています」

─グラウンドに出ると白線の前で立ち止まりお辞儀をする姿。そして投球の際、マウンドで吠える姿が印象的です。

「大学、社会人とやってきた自分のスタイルなので、それはカープの一員になってからも変えずにやっていきたいと思っています」

─お辞儀をするときは、心の中でどんな言葉を言われているのですか?

「“お願いします。抑えさせてください”と神頼みをしています」

─社会人野球のトヨタ自動車からカープに入団。プロ生活を振り返ってみていかがですか?

「新人合同自主トレが行われた1月から、ある程度自分のペースで調整させていただきました。また、春季キャンプに入ってからもいろんな人に支えてもらいながらしっかりと調整できたので、無事に開幕を迎えられ、良いスタートを切れていると思っています。いま振り返ってみて思うのは、監督やコーチ、トレーナーさん、そしてチームメートのおかげで、こうやって良い時間を過ごすことができていると感じています。恩返ししていくためにもしっかり投げていきたいです」
広島アスリートマガジン編集部

関連記事

この記事と関連する記事

広島・広島の守護神から日本の守護神へ。重圧と戦い続ける栗林良吏の思考術。9回の儀式に込めた思い

(0)TB(0)

AFTER「広島・野間、3安打1盗塁で定位置獲りアピール エキシビション打率.615

BEFORE「広島・佐々岡監督悩ましい「1軍の器ではない」先発候補スコット負傷降板に

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top