FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 08/11

広島・カープ玉村 ローテ譲らん6回1失点 佐々岡監督も高評価「球自体が生きていた」


デイリースポーツ

 「エキシビションマッチ、広島1-3ソフトバンク」(10日、マツダスタジアム)

 落ち着いたマウンドさばきでソフトバンク打線を手玉に取った。広島・玉村昇悟投手(20)が6回5安打1失点。「試合を作れたのは良かった」と安どした。

 テンポのいい投球を披露した。初回を三者凡退。二回を併殺で切り抜けると、勢いに乗った。五回、三森に一時同点の中前適時打を浴びたが、武器であるスライダーを効果的に用いて5三振を奪った。

 前回1日のロッテ戦も6回1失点。安定した制球で大きく崩れない点は左腕の持ち味だ。佐々岡監督は「粘り強く投げていた。真っすぐにしてもスピードガン以上の強さがあった。しっかりと前で腕が振れて、下半身も使えていたということ。球自体が生きていた」と称えた。

 前半戦はプロ初勝利を飾るなど2勝3敗、防御率3・26の成績を残し、先発ローテに定着。五輪中断期間は制球をテーマにしながら、練習を積んできた。

 この日、チームに合流した鈴木誠には金メダルを見せてもらった。恐れ多くメダルには触らなかったが、「すごいなと思った」と刺激を受けた。

 「捉えられてもおかしくない球が多かった。いいところも悪いところもあった」と反省も口にした高卒2年目。「ローテの優先順位が高くなるように」と後半戦の目標を掲げた若武者が先発陣を支えていく。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・カープ玉村 ローテ譲らん6回1失点 佐々岡監督も高評価「球自体が生きていた」

カープデイリースポーツ

(0)TB(0)

AFTER「広島・鈴木誠也「野球を楽しむのが僕のスタイル」侍で取り戻した本来の姿

BEFORE「広島・栗林の個性が侍守護神に向いていた 重圧すら乗り越える大一番での「ゾーン」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top