FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 08/12

広島・カープ坂倉将吾「チーム浮上の力になりたい」芽生えた5番打者の自覚


TSSテレビ新広島

カープの特集です。
勝負強さを武器に打線の中軸を担う坂倉将吾選手、キャッチャーだけでなく、ファーストでもスタメン起用される坂倉選手のバッティングへの思いそして後半戦へ向けての意気込みに迫ります。

坂倉将吾。5年目の今シーズンは、主に5番バッターとして存在感を発揮。
守備ではキャッチャーとファースト、2つのポジションを担う坂倉選手を佐竹さんが直撃です!

【佐竹祐一さん】
「前半戦振り返って、自分の評価は?」

【坂倉将吾選手】
「去年に比べて自分のやりたいこと、『こうしよう』って思ったことが打席の中でできるようになってきたっていうのが、こういう成績に繋がってるかなと思っています」

今シーズンの坂倉選手は、打率・ホームランで既にキャリアハイをマーク。
好調をキープし続けた要因には、打席の中でのアプローチの変化がありました。

【坂倉将吾選手】
「納得できないアウトのなり方が少なくなってきたので、そこが一番いいかなと思います」

「アウトのなり方」。
通常、バッターは3割打てれば優秀と言われる中、今シーズンの坂倉選手は凡退した打席にも内容を求めています。

【坂倉将吾選手】
「7割失敗と言われるものなので、その7割がいいものであればヒットも生まれやすくなると思いますし、とにかくいい感覚・内容、自分の思った通りというか、そういう打席が増えていっているのかなっていう気はしています」

坂倉選手と言えば今年のカープで最も多く5番打者を務めていますが、4番・鈴木誠也選手の後を打つことについて2年前のインタビューではこんな場面が。

【佐竹さん】
「後ろに4番の鈴木選手がいるのか前にいるのかっていうのは大きな違いだったりします?」
【坂倉将吾選手】
「僕は前にいてくれた方が…。掃除してくれるので」

【佐竹さん】
「2年前と考え方変わった?」

【坂倉将吾選手】
「だいぶ変わりました。自分がカープの対戦相手としてキャッチャーをしていたら、やっぱり誠也さんとはランナーがいる場面では、特に一塁が空いている場面では勝負しづらい。そのバッターの後ろを打つという意味ではやっぱりチャンスで回ってきますし。しっかりしなきゃなっていう思いはだいぶ強くなったかなと思います」

今シーズン、チームの中心に成長した坂倉選手。
ここからはキャッチャーとファーストを兼任する守備について直撃します!

【佐竹さん】
「キャッチャーとファースト二足のわらじ、大変さは?」

【坂倉将吾選手】
「毎日出るってところですかね」

【佐竹さん】
「日々練習の最中?」

【坂倉将吾選手】
「そうですね。練習しないと迷惑かけちゃうんで」

「キャッチャーへのこだわりは大きい?」
「はい。去年あれだけ出させてもらったので、そういう面に関しては自分の不甲斐なさというか、もっと自分で出られるように。出させてもらうんじゃなくて、出られるようになっていかなきゃいけないなと思っています」

そろそろ一人暮らしを始めてもいい頃ということで、こんなことを聞いてみました。

【佐竹さん】
「自炊できる?」

【坂倉将吾選手】
「無理っすね」

【佐竹さん】
「初めて料理したら何作ったか教えてください」

【坂倉将吾選手】
「作れなくはないんですけど、気持ちの問題ですね」

【佐竹さん】
「作ったことあります?」

【坂倉将吾選手】
「なんとなく。米研げます」

【佐竹さん】
「西山アナウンサーと同じようなこと言ってる」

【坂倉将吾選手】
「米は小学校の時から研がされていたので、研げます」

5番に定着し、飛躍の前半戦を終えた坂倉選手。
上位追撃の重要な後半戦に向け、既に決意は固まっています。

【坂倉将吾選手】
「規定立ってみたいなって思いもありますし、やっぱりキャッチャーとして出たいなって思いもあるので、しっかり出たところで結果出して、チームが何とか浮上していけるように、その力になりたいなと思っています」
広島ニュースTSS

関連記事

この記事と関連する記事

広島・カープ坂倉将吾「チーム浮上の力になりたい」芽生えた5番打者の自覚

(0)TB(0)

AFTER「広島・侍の守護神は広島の守護神!栗林がチーム合流「後半戦は後半戦でしっかり集中」

BEFORE「広島・プロ野球13日に再開 阪神・西勇輝、広島・大瀬良大地らが先発

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top