FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 09/02

広島・【カープ】打線つながり連敗ストップ 先発九里は自己最多に並ぶ9勝目


中国新聞

【広島11―3DeNA】(2日、横浜)

 広島東洋カープが連敗を2で止めた。二回に長野久義の2点打で先制すると、四回には菊池涼介のソロで加点。失点した直後の六、七回にも得点して突き放すなど、効果的に加点して逃げ切った。先発九里亜蓮は6回3失点で自己最多に並ぶ9勝目を挙げた。

期待するカープ選手ランキング

 雨が降り続く横浜スタジアムで、菊池がずぶぬれになりながらダイヤモンドを駆け巡った。ソロを含む2安打を放つなど5打席全てで出塁すると、3打点を挙げて3得点をマーク。チームの猛打を呼び込んだ。

 二回の1打席目は四球で出塁して先制のホームを踏むと、四回は左翼席への11号ソロ。「追加点につながるホームランになって良かった」と振り返った。六回も四球で出塁後に林の二塁打で一塁から一気に生還。極め付きは5―3と追い上げられた七回だ。2死満塁から中前2点打を放ち、「点を取られた後にすぐ追加点が取れて良かった」と流れを引き戻した。

 数字に表れない貢献も光る。内野陣は高卒3年目の林晃汰や小園海斗が先発機会を勝ち取り、一塁には今季取り組み始めたばかりの坂倉が入ることも増えた。若く経験の浅い顔ぶれが周りを占める中、東京五輪日本代表の名手が守備に安心感を与えている。

 八回には西川龍馬、九回には代打田中広輔にも一発が飛び出し、終わってみれば13安打11得点で快勝。同一カード3連戦3連敗を阻止した。嫌な流れを食い止める立役者となったのは、紛れもなく職人気質の背番号33だった。
中国新聞社

関連記事

この記事と関連する記事

広島・【カープ】打線つながり連敗ストップ 先発九里は自己最多に並ぶ9勝目

(0)TB(0)

AFTER「広島・大勝で同率5位 1番長野2安打2打点 先発九里は自己最多タイの9勝目

BEFORE「広島・9月3日の予告先発投手

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top