FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 09/04

広島・佐々岡監督、3失点敗戦の大瀬良に「やっぱり四死球というのは」


デイリースポーツ

 「ヤクルト3-1広島」(3日、東京ドーム)

 広島が3連戦の初戦を落とした。

 自身4連勝中だった大瀬良は初回、先頭の塩見に初球をバックスクリーン左へ運ばれ失点。三回にも四死球が絡んで1死満塁とされると、村上に右翼線を破られる2点二塁打を浴びた。

【写真】ピンチで大瀬良の元へ集まる広島ナイン

 6回6安打3失点と粘ったものの、6月22日・ヤクルト戦以来の4敗目を喫した。

 打線は得点圏であと1本がでなかった。八回、鈴木誠が6年連続20号となるソロ本塁打を放ったのみ。前日2日のDeNA戦で13安打11点を奪った打線は、この日はつながりを欠いた。

 試合後の佐々岡監督の主な一問一答は下記の通り。

 

 -大瀬良については。

 「三回。青木への死球があって山田へ四球。あそこから村上に二塁打を打たれた。昨日の九里もそうだけど、やっぱり四死球というのは。あそこだと思う」

 -立ち上がりは制球面で苦しんでいたように見えた。

 「珍しかった。死球とかない投手。少し苦しんでいるところがありながら、それ以外は粘り強く。試合は最低限つくってくれた」

 -攻撃面では。つながらなかった。

 「一、二、三回の好機であと1本が出なかった。(ヤクルトとは)対照的になった」

 -六回には代打策。左腕・坂本に対して長野を送り出した。

 「安部が2本打っていたけど、対左ということで。長野の代打に期待をした」

コメント
① 立ち上がり制球を乱した大瀬良だが
3回以降は立ち直り6回3失点で最低限の
役割を果たしゲームを作った。
問題は打線。序盤に点が入っていれば
流れは変わっていたかも。
しかし今シーズンはヤクルトに勝てず
やられっぱなし。過去ヤクルトには
相性よかったが佐々岡では勝てない。


関連記事

この記事と関連する記事

広島・佐々岡監督、3失点敗戦の大瀬良に「やっぱり四死球というのは」

(0)TB(0)

AFTER「広島・誠也 6年連続20号!浩二、衣笠らに続く球団5人目レジェンド弾「すごい先輩方に並べてうれしい」

BEFORE「広島・菊池涼 勝利呼んだ3打点 4回4試合ぶり11号に7回2点打「取れるところで取れてよかった」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top