FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 09/04

広島・広島 総力継投で2度の満塁機しのいだ バード&ケムナの好救援に佐々岡監督「栗林までが長く感じた」


スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 広島4-2ヤクルト(2021年9月4日 東京D)

 広島は、4点優勢で迎えた7、8回の2イニングに救援5人をつぎ込む必死の継投策で何とか逃げ切った。

 4―0の7回は、先頭から右打者が続く展開ながら左腕・塹江への継投を選択。しかし、2死一、三塁でオスナに左前適時打を献上。なおも2死一、二塁で3番手・島内が登板するも、山田に四球を与えて満塁とされると、すかさずバードを投入。村上を一ゴロに抑えて切り抜けた。

 さらに4―1の8回に登板した森浦は、代打・青木に左前適時打を許して、なおも1死満塁の場面で降板。この窮地で登板したケムナが塩見を見逃し三振、オスナを遊直に抑えて2点差を守って9回の栗林につないだ。

 佐々岡監督は「ここぞというときの左のバード。しっかり村上を抑えてくれたのが大きかった。ケムナも気迫あふれる投球を見せてくれた。9回の栗林に行くまでの2イニングが長く感じたね…」と胸をなで下ろした。

関連記事

この記事と関連する記事

広島・広島 総力継投で2度の満塁機しのいだ バード&ケムナの好救援に佐々岡監督「栗林までが長く感じた」

(0)TB(0)

AFTER「広島・広島栗林が自己最速155キロ 連続四球も併殺に打ち取る「さすが」監督

BEFORE「広島・広島花火3発!鈴木誠也2戦連発、菊池涼介12号、とどめは坂倉将吾2ラン

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top