FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 スマホアプリ、プロスピAにもハマり無課金でカープ純正を作っています。

2021 09/10

広島・【緒方孝市】広島松山、後に響く捕球ミス 活発な打線で阪神苦しめる戦いを


日刊スポーツ

<広島1-4阪神>◇10日◇マツダスタジアム

大瀬良は粘り強く投げていたが、やはりミスが試合の流れに大きな影響を与える。4回の守備で一塁を守る松山に捕球ミスがあった。この回は無失点に抑えたが、エラーをきっかけに満塁となり、球数を投げ、余分なエネルギーを使った。5回まではしのいだが、6回に踏ん張りきれなかった。その回を抑えたからよかったのではなく、守備のミスというのは、後に響くことがある。

【写真】6回表阪神1死満塁、サンズに勝ち越し適時打を浴びる大瀬良

6戦連続本塁打で注目された鈴木誠は、コントロールのいい西勇が相手で、簡単に甘い球はこなかった。ヒットは出なかったが、大きく形を崩して振っているわけではない。構えもゆったりして、自分のスイングができている。甘い球が来たら、スタンドを運ぶ、そんな雰囲気を感じされてくれている。レフト方向だけでなく、逆方向にも本塁打が出ているのは、自分のポイントに呼び込んで、スイングできている証拠だ。坂倉や小園、林らも4番に引っ張られるように活発だ。2戦目以降も阪神を苦しめる戦いができるだろう。(日刊スポーツ評論家)

関連記事

この記事と関連する記事

広島・【緒方孝市】広島松山、後に響く捕球ミス 活発な打線で阪神苦しめる戦いを

(0)TB(0)

AFTER「広島・一問一答 広島・佐々岡監督「ベース板のところで球がしっかりと来ている」 難敵・秋山にまた敗れる

BEFORE「広島・鈴木誠の連続試合本塁打「6」でストップ 佐々岡監督「今日は5番が重要だった」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top