FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 06/07

広島・ファーム情報 遠藤淳志 体も投球もプロ仕様に/ファーム

身長184センチの右腕。プロ入り当初は線が細い印象もあったが、昨年前半をじっくりと体づくりに費やし、プロの体に。今季はファームで早くも3勝。将来は一軍の先発ローテーションの期待がかかる

いよいよ逸材がベールを脱ごうとしている。ルーキー年は二軍でもゼロ勝に終わったが、入団2年目、遠藤淳志はファームで3勝をマークし、一軍練習に呼ばれるなど、一軍デビューも射程にとらえている。

 この春20歳になった。プロ入り当初から体重は12キロ増え、84キロ。プロ野球選手の体になった。ウエート・トレーニングに食事の工夫、プロテインも摂取しながらどっしりとした下半身をものにした。

 茨城・霞ケ浦高では1試合232球を投げるなど、速球主体の投球でエースとして活躍した。しかし、プロではそのままでは通用しないとも考えていた。

「高校時代は押して押してのスタイルでした。ボールが荒れている点も、打者を抑えることにつながっていました。しかし、プロではボールをコントロールして厳しく攻める必要があると感じました」

 プロ入り直後から取り組んできたのが、チェンジアップの習得だった。最初は操作できなかったが、今シーズンに入り、手ごたえも感じられるようになった。

「去年はうまく投げられなかったですが、今年に入って自然な形で投げられるようになりました。チェンジアップとストレートの制球が良くなったことで、投球が変わり、緩急も使えるようになりました」

 肉体強化でパワーアップにもトライしたが、やはり遠藤の強みは「しなやかさ」である。「力感のないフォームからキレのある球を投げることです。それが実戦でできるようになって、ファウルでカウントを稼げるようになりました」

 スケールアップしながら、しなやかさも失わない。練習後のストレッチは欠かさない。同期入団の山口翔が一軍デビューを果たした。普段から仲は良いが、ライバル心は失っていない。競い合いながら、助け合いながら、両右腕が一軍先発ローテを支える日も遠くはないだろう。

写真=BBM


週間ベースボール



カープ戦 中継 スカパー




広島東洋カープグッズ 赤ヘル呑み ぐいのみ 酒器


励みになります、ポチっとお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島東洋カープランキング FC2ブログランキング

関連記事

この記事と関連する記事

広島・ファーム情報 遠藤淳志 体も投球もプロ仕様に/ファーム

スレッドテーマ : 広島東洋カープ ジャンル : スポーツ

(0)TB(0)

AFTER「広島・序盤の快進撃を支えた左腕投手陣

BEFORE「広島・ソフトバンク・千賀 驚異の奪三振率で石井一久超えも視野に

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top