FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 06/08

広島・第2回 新井さんの初先発、初HRの舞台裏 「少し自信がついた」一戦

99年6月6日、浜松の中日戦でプロ初本塁打。駒大時代の恩師、太田誠監督の故郷で記念すべきアーチを放った

 プロ初安打は5月12日、地元広島市民球場での巨人戦だった。6対3の3点リードで迎えた7回裏、1点を追加し迎えた二死一塁で代打に指名され、右腕のホセから右前打を放ってチャンスを拡大した。嬉しかった。
 当初は雰囲気に飲み込まれ、緊張してプロのスピードに圧倒されていたものが、その頃には何とか対応できるようになっていた。



カープ戦 中継 スカパー

 野村(謙二郎)さんには試合後、プロで一歩を踏み出した祝いに食事に連れて行ってもらった。

「おめでとう。どうだった?」

「すごく球が速かったです」

 即座にたしなめられた。

「オマエ、そんな寂しいことを言うな。もっと速い投手はたくさんいるぞ」

 ハッとした。たとえ速く感じたとしても、プロなら言葉や態度には絶対に出すな。もっと自分に自信を持て──。野村さんは、そう言いたかったのだと思う。以来、打席では表情に出さず、どんな時でも自信満々に振る舞うように心掛けた。意識が変わった。

 待望の初アーチは6月6日だった。浜松での中日戦。ヒザを痛めて欠場した江藤(智)さんに代わり、僕は七番・ファーストでプロ初のスタメン出場を果たした。相手の先発投手は、初打席で対戦した左腕の野口(茂樹)さん。場面は、1点を返して2対3となった4回表だ。なおも無死一、三塁の絶好のチャンスで打席が回ってきた。
 ただでさえ緊張するプロ初スタメン。大下(剛史)さんからは常々、「ストライクは全部振れ。見逃したら許さんぞ!」と言われていた。その打席、ガチガチだった僕はファーストストライクの甘い球にバットが出なかった。

 痛恨の見逃し。「ヤバい……」と思う間もなく、怒声が飛んだ。「バカたれ。何をやっとるんや!」地方球場はベンチと打席が近い。大下さんの怒鳴り声がやけに大きく聞こえた。
 相手投手ではなく、まさにベンチと野球をしている感覚。動揺した僕は、あろうことか次のクソボールを空振りしてしまう。

「このくそバカが!」

 再び怒声が響き渡る。

「次、もし見逃したら殺される……」

 精神的に追い込まれ、半ば目をつむって次の投球にバットを出した瞬間、手のひらには今までにない手応えを感じた。

 敵地の左中間に飛び込む逆転スリーラン。無我夢中で必死に打ったプロ1号だった。ダイヤモンドを1周してベンチに帰ると、大下さんはニコリともしない。喜んでいると思うのだが、逆にめちゃくちゃ怒られた。照れ隠しなのか、ほめると僕のためにならないと思ったのか、ウソのような本当の話だ。

 話には続きがある。
 次の打席では、2番手の川上憲伸さんのストライク2球を見逃してしまい、また怒鳴られた。試合後のメディアの取材には「初ホームランは嬉しいけど、次の打席で右投手のストライクを2球見逃したのがダメです」と答えた。本音だった。

 反省が多く、ちょっぴりホロ苦いプロ初スタメン。それでも、このプロ1号は思い出深い。なぜなら──。
 駒大の太田(誠)監督の出身地・浜松で打てたからだ。4年間、グラウンド内外でたくさんのことを教わった恩師。野球選手としてだけでなく、人として、男として、立派にならないといけない、と常に言われた。太田監督の指導のおかげで今がある。

 電話で報告すると「知っているよ。よかったなぁ。これからも頑張れよ」と喜んでくれた。嬉しかった。同時に、少しだけプロでやっていく自信がついた。

(文:新井貴浩)

※本記事は書籍『ただ、ありがとう 「すべての出会いに感謝します」』(ベースボール・マガジン社)からの転載です。掲載内容は発行日(2019年4月3日)当時のものです。

・<第3回へ続く>
・<まえがきに戻る>


ただ、ありがとう 「すべての出会いに感謝します」



励みになります、ポチっとお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島東洋カープランキング FC2ブログランキング

関連記事

この記事と関連する記事

広島・第2回 新井さんの初先発、初HRの舞台裏 「少し自信がついた」一戦

スレッドテーマ : 広島東洋カープ ジャンル : スポーツ

(0)TB(0)

AFTER「広島・プロローグ 「ただ、ありがとう『すべての出会いに感謝します』」

BEFORE「広島・第1回 挫折から始まった新井さんのプロ人生 まさかの開幕一軍も喜べなかった理由

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top