FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 06/11

広島・第5回 新井さんが4年目にした “大きな勘違い” 「金本の後継者」として感じた四番の責任

<br />プロ4年目、開幕スタメンこそ逃すものの主砲として28本塁打を放ち自身最高の成績を収めた

そんな体たらくなら、首脳陣の評価も推して知るべしだ。広島市民球場で開幕戦を迎えた4年目は、スタメンから外された。4年ぶりの地元開催となった3月30日の横浜(現DeNA)戦。スタンドは盛り上がっているのに、スコアボードには名前がない。

 自分に腹が立って仕方なかった。

「絶対に打ってやる。早く出せ!」

 気持ちが入り、気力がみなぎっていた。同点の8回、ついにその時が来た。二死一、二塁のチャンス。自分への怒りで邪念が無くなり、集中力はマックスだ。マウンド上には三浦大輔さんがいた。絶対に打つ──。そんな強い思いを2球目のスライダーにぶつけ、体勢を崩しながらレフト前へ運んだ。値千金の決勝タイムリー。まさに気持ちで打った一打だった。

・【連載一覧】ただ、ありがとう「すべての出会いに感謝します」

カープ戦 中継を見るならスカパーカープ戦 中継 スカパー

 僕は、自分の身の回りに起こること、すべてが自己責任だと思っている。地元開幕で痛恨のスタメン落ち。まさに自責以外の何ものでもない。僕自身にそこまでの力が無かったということだ。
 ただ、オレの責任じゃない、関係ないと思えることでも、他人のせいには絶対にしない。なぜなら、第三者の責任で片付けてしまうと、自分自身が前に進んでいけないからだ。
 人は、苦しんだ分だけ優しくなれる、成長できるという。弱い自分、ミスや失敗から決して目をそらさず、現実を真正面から受け止める。すべては自分の責任。決して誰のせいでもない。次のステップを踏むためには、そういう気持ちが大事だと思う。
 翌31日の第2戦。足を痛めた野村(謙二郎)さんに代わって、僕はスタメンに名前を連ねた。以降は先発出場を続け、7月にはオールスターに初めて選出。松山での第2戦ではホームランを打って優秀選手にも選ばれた。結果、4年目は全140試合に出場。初めて規定打席に到達し、打率.287、28本塁打、75打点のキャリアハイをマークした。

 2003年はまた大きな注目を集めた。FA権を取得した金本(知憲)さんがタイガースへ移ることになり、空白となった四番。山本(浩二)監督から「オマエで行くからな」と指名された。メディアも「金本の後継者」と書いていた。

「ヨッシャ、やってやろう」

 意気込みは十分だった。振り返れば入団からの4年間、緩やかでも成績は右肩上がりの曲線を描き、“オレはできる”という思いがあったと思う。

 だが、それは大きな勘違いだった。

 3月28日の開幕ヤクルト戦。滑り出しは上々だった。四番・ファーストで4打数2安打。だが、地元広島での開幕となる2カード目の阪神戦でつまずく。いいところを見せようと力が入ったのか、3試合でわずか1安打。以降も快音は響かなかった。

 遅ればせながらの1号は開幕から25試合、104打席目だった。5月3日の巨人戦で、3点リードの5回に左中間へ中押しソロ。だが、試合はもつれ、9回に痛恨のサヨナラ負けを食らった。7、8回のチャンスに僕は凡退。四番が仕事をしないのだから、負けるのは当然だ。

 すべてがこんな調子。ここ一番で打てないと、精神的に苦しくなる。チームが勝っていれば、いくばくかでも軽減されるが、当時のカープはBクラスの常連。次第にバットが振れなくなり、追い込まれていった。

 同時に、四番を担う大変さを思い知らされた。六、七番だと気楽に打てても、四番はチームの勝敗の責任を負う。エースも同様だ。ファンの期待は大きく、チャンスで凡退したり、ここ一番で勝てなければ、野次や罵声が容赦なく飛んでくる。勝てば喜びが大きい反面、苦しみも人一倍。それは、そのポジションを任された者にしかわからない。

「また打てなかったらどうしよう……」

 当時は、チャンスで打席に立つのが怖いと感じる自分がいた。失敗を恐れ、結果が気になる。こんな精神状態では打てるはずがなかった。夜も眠れない。逃げ出したかった。

(文:新井貴浩)

※本記事は書籍『ただ、ありがとう 「すべての出会いに感謝します」』(ベースボール・マガジン社)からの転載です。掲載内容は発行日(2019年4月3日)当時のものです。

・<第6回へ続く>
・<第4回に戻る>



書籍の購入はこちらAmazon
ただ、ありがとう 「すべての出会いに感謝します」


励みになります、ポチっとお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島東洋カープランキング FC2ブログランキング

関連記事

この記事と関連する記事

広島・第5回 新井さんが4年目にした “大きな勘違い” 「金本の後継者」として感じた四番の責任

カープ

スレッドテーマ : 広島東洋カープ ジャンル : スポーツ

(0)TB(0)

AFTER「広島・「いつも心をオープンに」 変化を受け入れる広島・レグナルトの野球観と人生観

BEFORE「広島・強い広島は「空気読める選手が多い」 金本知憲氏×新井貴浩氏が「野球の鉄則」で激論

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top