FC2ブログ

広島東洋カープ 応援ブログ

広島東洋カープを応援する個人のブログ。 福岡県筑後市より応援してます。カープ情報まとめ・関連ニュース・動画など。

2019 06/22

広島・角盈男が打ち破った“野球界のタブー” 固定観念の無さが進化を生んだ

角盈男が打ち破った“野球界のタブー”<br />固定観念の無さが進化を生んだ

プロ入り2年目の秋、オーバースローからサイドスローに転向した角盈男。ところが、これがマスコミにも評論家にも、散々叩かれた。「当時、左のサイドスローは基本的にタブーだった。あのころはまだ、右バッターが圧倒的に多かったから。彼らからしたら、左サイドは見やすいでしょう。ましてや183センチという上背のある僕が、どうしてわざわざ横から投げるのか、と」。それでも自ら納得して選んだ道。やがてシーズンが始まると、周囲の批判は瞬く間に称賛へと変わった。

・【連載一覧】左サイドスローの美学

高校時代は自由に野球ができた角氏だが、「強豪校を出るにこしたことはない」と笑う【スリーライト】

「僕のサイドスローは、バッターでいうと“作られた左打ち”なんですよ」と角は言う。プロ2年目までは、オーバースロー。テークバックのときに顎が上がり、空を仰ぎ見てから豪快に投げる、独特のフォームである。その後、サイドスローに転向して以降も毎年、シーズン前に肩を作り始めるときは、上から投げてきた。それで8割がた肩を作ると、あとは腕を下げるだけ。「本当のサイドスローではない」けれども、サイドスローが「最も自分に合ったフォーム」なのだという。

「僕はプロに入るまで、ピッチングを習ったことが一度もなかった。少年野球から高校、社会人に至るまでずっと、我流でやってきたんです」

 長嶋茂雄監督をして「馬力ボーイ」と言わせた剛腕は、ルーキーイヤーに60試合に登板し、新人王を獲得。しかし、“我流”のフォームは実のところ、上半身と下半身のバランスがバラバラだった。そのためコントロール難と隣り合わせで、好不調の波も激しい。1年目とは打って変わって2年目は成績が伸びず、その秋、運命の伊東キャンプを迎えることになる。
「少数精鋭で、若手だけが参加したキャンプ。他のピッチャーは球種を増やすことなんかが課題だったけど、僕だけ“安定したフォームを見つける”ことが課題だった。毎日400、500球投げました。コーチにはとにかく“ヒジを上げて投げろ”と言われました。ところが100球、200球、300球と投げていくうちにしんどくなって、腕の力だけでは投げていけなくなる。体を使って投げるようになってくるんです。余計な力が抜けて、自分の体を使った、自分にあったフォームになるんですね。僕の場合は投げ込んでいくうち、だんだん腕が下がってきて、ある位置まで来たときに“あ、これなら何球でも放れるし、自分が投げたボールに責任が持てる”と思いました。それがあの、サイドスローです」

 自分の頭で描いたボールと実際に投げるボールが、一致した。自分のイメージ通りのボールが、コンスタントに投げられるのだ。それが何かのタイミングでズレても、すぐ修正できる。それまでの「ミットめがけて、ただ一生懸命投げていた」感覚とは、まったく違うものだった。

見るのも嫌だったバース、掛布…

 しかし、マスコミや評論家には叩かれた。あまりの叩かれように、コーチ陣も慎重になったのか。長嶋監督のところに角を連れて行き、「本人も、コーチとしても、サイドスローでいきたい」と話した。長嶋監督はあっさり賛成し、自分が責任を持つからと背中を押してくれた。

「僕はまったく固定観念が無かったですね。ソフトボールみたいに下から投げてでも、要するに良いボールが投げられて、バッターを抑えられればいいんでしょ、という考え方だった。投げ方以前の問題で、自分が投げるボールに責任を持ちたかったんだ。その固定観念の無さが良かったのだと、のちに王(貞治)さんの話を聞いて確信しました。王さんの一本足打法は、固定観念ではありえない、最も万人に合わないフォーム。でもタイミングを取るのがヘタだった王さんにとっては、あの一本足打法はタブーどころか光明だった。僕も同じです。自分が生き残るため、コントロールを良くするためには、固定観念無しにフォームを追求していくしかなかった。その結果が、左サイドスローだったわけです」

 どの球団もクリーンアップには、必ず左の強打者、好打者がいる。彼らを抑えるのが、角の最初の“持ち場”となった。

「僕は左投げのリリーフだから、左バッターを抑えなければメシが食えない。右は鹿取(義隆)というスペシャリストがいたので、僕は左のスペシャリストにならなければ、巨人で自分のポジションは取れないと思っていました。例えば当時の阪神ならバース、掛布(雅之)さんですね。ランナーを置いてバース・掛布さん、バース・掛布さん、バース・掛布さん……僕は見るのも嫌だけど、向こうも僕を見るのは嫌だったはず」

 左バッターを抑えるために、自分がいる。インコースに投げて、万が一にもデッドボールを与えては、商売あがったりである。一方、“自分のボール”さえ投げられれば、相手を完全に抑える自信もあった。

「だから、僕が(左バッターに)使ったのはベースの真ん中から外への出し入れだけです。外角低めへ真っすぐかカーブを投げ、カウントを稼ぐ。次に外角高めで空振りを誘う。高めを見せておいて、最後は低めのボール球で決める。そこは真っすぐ、スライダー、カーブ、カッター、なんでも使いましたね」

 バッターからすれば、踏み込んで打ちにいきたい。ところが角の真っすぐは初速と終速の差がほとんどないため、リリースした瞬間とバットにボールが当たる瞬間がまるで重なり合うかのような、とにかく「速い」という感覚に襲われる。おまけに角の投げ方ときたら、ボールの出どころが見にくいのだ。これは怖い。

「今と違って、当時サイドハンドの左ピッチャーは、セ・リーグには僕1人しかいなかった。左バッターは非常に面食らったと思いますね。ただ、若松(勉、ヤクルト)さんだけは僕、苦手でした。あの人にはバスターみたいな格好で打たれたこともありました」



プロ野球見るならスカパー!

当時の中継ぎ、抑えは3年で壊れた

 やがてクローザーの位置を任されるようになった角は81年、巨人の絶対的守護神として“セ界”に君臨した。開幕13試合無失点の快投。シーズン20セーブを挙げ、最優秀救援投手を獲得した。左ヒジに違和感を覚えたのは、その2年後だった。

「僕らの時代、リリーフは回またぎが多かったから、みんな3年目くらいには壊れていました。僕もキレがなくなって、そこから変化球を多投するようになりましたね。アメリカで教わったムービングファストボール――今でいうツーシームをシュートに切り替えたり、抜いてスクリューにしたり、緩いシンカーを投げたり。あと、腕をちょっと上げて、上から縦割りのカーブを投げたり、チェンジアップを投げたり。いろんなことをしました。もっとも左バッターには横のカーブと縦のカーブくらいだったですけどね」

 王監督のもと、86年からは鹿取−角−サンチェの「勝利の方程式」が多用された。バッターの右左問わず投げたクローザーから、再び左キラーへ。全盛期は過ぎようとしていたが、経験という名の技が、角の投球に厚みを加えていた。

「リリーフは、ほとんど“会う”バッターが一緒なんですよ。特に僕のような役目のピッチャーが対戦するのはね。お互い手の内を知っているから、騙し合い。しかも僕の場合は基本的に、真っすぐと逃げるボールしかない。だから少し、インコースにも見せ球で放るようになりましたね。その1球をどう見せるか。キレがなくなったぶん、コントロール。全盛期はいかに力でねじ伏せるかでしたが、今度はいかに技でだますか、です。新たな生きるすべですね」

 その後、89年に日本ハムへ移籍し、先発に回ったあとのことは、「野球人生の楽しい付録のようなものだった」(角)。

「もちろん力がないから、いかにこねくり回すか。変化球をたくさん使い、だましてだまして、いかに打ちミスをしてもらうか。でも、そこには駆け引きがあるので、それが楽しかった。例えば前回打たれた球から、ポンッと入るんだ。向こうはまさか投げてくると思っていないから、ストライクが取れる。そういうのが楽しかった。リリーフはヒット1本でサヨナラとか外野フライ1本で終わり。そういう世界でずっと生きていたのが、5回まで3点だったら合格なんだから。ここでヒット1本打たれても還さなきゃいいんでしょ、とか。職域としても、精神状態も良い感じでしたね」

 リリーフ時代のマウンドは、グチャグチャに踏み荒らされ、他人の歩幅に土が掘れていた。そこにステップした右足を置いてみてから、プレートを踏む位置を決める。大概のピッチャーとは逆の作業である。

「やっぱりキレイなマウンドで投げてみたかったんですよ」――その希望が叶ったのはプロ12年目、33歳のことだった。(文中、敬称略)

(企画構成:株式会社スリーライト)

角盈男(すみ・みつお)

1956年6月26日生まれ。鳥取県出身。米子工業高校を卒業後、社会人の三菱重工三原を経て、76年のドラフト会議で巨人から3位指名を受け、翌シーズン後に入団。長嶋茂雄監督のもと1年目から活躍し、新人王に輝く。81年には8勝20セーブで最優秀救援投手のタイトルを獲得し、チームのリーグ優勝に貢献。89年に日本ハム、92年にヤクルトへ移籍。野村克也監督のもとでプレーし、同年のリーグ優勝を花道に現役を引退した。引退後はヤクルト、巨人のコーチを歴任。現在は野球解説を中心に、野球教室や講演会、各メディアなど多方面で活躍している。

左サイドスローの美学


【最新版】 スマートウォッチ IP67完全防水 itDEAL スマートブレスレット 血圧計 心拍計 歩数計 活動量計 消費カロリー 睡眠検測 カラースクリーン 長い待機時間 着信電話通知/SMS/Twitter/WhatsApp/Line/アプリ通知 長座注意 日本語対応 iPhone/iOS/Android対応 敬老の日


励みになります、ポチっとお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 広島東洋カープランキング FC2ブログランキング

関連記事

この記事と関連する記事

広島・角盈男が打ち破った“野球界のタブー” 固定観念の無さが進化を生んだ

カープ左サイドスローの美学

スレッドテーマ : 広島東洋カープ ジャンル : スポーツ

(0)TB(0)

AFTER「広島・“松井キラー”元阪神・遠山の誕生秘話 全ては野村監督へのハッタリから始まった

BEFORE「広島・左サイドスローの美学 プロローグ

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top